「ぎょぎょぎょ!?」

久しぶりに、それはそれは混んだ電車にのりました。

となりの見知らぬ人とチークダンスでも踊れそうな混雑ぶりで、
電車が大きなカーブにさしかかると、きゃーー!
まわりの重さが体にのしかかるなんとも苦痛な数分間。

ようやく着いた駅は大きな乗換え駅だったこともあって
沢山の人が一斉に降りました。
さて降りようと一歩を踏み出したとき、ぎょぎょぎょーッ!!
なんと私の股の間から何かがすり抜けて出てきたのです。

かなり驚きましたけれど、何なのかはすぐに分かりました。
訓練中の盲導犬(訓練中の名札付き)。

大混雑の中、「はやく降りなくては!」の気持ちが大きくなって、
きっと人の股の隙間が進むべき道に見えてしまったのですね。

これまで街で見かける盲導犬があまりにもお利口すぎで
びっくりし通し、怖いくらい感心し通しだったのですが、
もともとはこれくらい普通にちゃんと犬なのだ、
という事実になんだかホッとしたのでした。

それにしても人の脚ばかりの中でじっとしているなんて
ひどく苦痛だろうに、盲導犬は本当に偉いなあ。

今日、彼はどんな訓練をしているのかな。


a0103434_16304624.gif

私は・・・

「気づかぬうちに
どこかに体を打って青あざ」

・・・を無くす
訓練をしたい春です。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-03-06 16:33 | イラスト


<< 「松山days」 「イラストリレー」 >>