「newcomer」

ある日、出張から帰った夫が
かばんからANAの機内誌を出しました。

テーマが面白かったり、私が好きそうな記事が載っていると
たまに持って帰ってきてくれるのですが、
さて今回はどんな内容なのでしょうか。

ペラペラ。
パラパラ。

どの記事もつい真剣に読み入っていましたが、
次のページをめくった瞬間、


かーーーーーッ!なんだこれは!
かわいいなッ!!


思うツボの私、その可愛さにのけぞった後、
勢い余って破かぬよう注意しながら、入念にそのページを切り離しました。
よーし、これを家のどこかに貼ろう!

何かフレームに入れてみようか?
いや、ちがう。そういうんじゃない。

スキャンしてモノクロにしてみようかな?
ちがうちがう、そういうんでもない。

こ・・・このまま貼ろう!

さて、これを家中いろいろなところに貼ってみたのですが、
どうもいまいち似合う場所がないのです。
なぜだろう、考えてハッとしました。

そうか。

この可愛さは至近距離で味わうものなんだ。
そう気づいた結果、一番しっくりきた場所は
トイレのドアでした。

a0103434_8102087.jpg
これで毎日何度も、
そのつぶらな瞳を、
柔らかな毛並みを、
ハミハミするアゴを、
頼り無さげな肩を、
じっくり見ることができます。

「やぎべえ」と命名。
どうぞよろしく。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-18 08:12 | 写真


<< 「しらない世界を覗いてみたい」 「ムダな心配」 >>