「great!」

ずっと以前、旅先でフェリーに乗った時、
座席の目の前にあったテレビで流れていた番組に
釘付けになったことがありました。

その番組「毎日がイタリアン」は、どうやら今もNHKで放送中らしく
先日ふとテレビをつけたらやっていたのですが、
やはり思わず釘付けに!

ある女性イタリア人(アメリカ人?)料理研究家が番組全ての進行を
担っているのですが、当然ながら日本のそれとは全く趣が違って
興味深すぎるのです。

●違いその1・・・「材料が大量」
日本の料理番組のレシピ、最近では2人前が多いらしいですが、
この番組ではすごーく大量に作る。
それがなんだか見ていて気持ちがよい。

●違いその2「ライブ感」
固定カメラではないので、突然包丁(手元でなく、包丁!)に寄ってみたり、
フライパンが「ジューッ!」というところだけを長時間クローズアップしてみたり。
なんだか面白い。

●違いその3・・・「自分の料理をほめる」
日本の料理番組と決定的に違うところはココだと思うのですが、
番組中、味付けをして「しっかり味見」までする。
そしてググッと目を見開いて、
「美味しい!間違いない!やっぱり私天才かも!」とほめちゃう。
日本人ではグッチ裕三もそんなことを言うかもしれないけれど、
彼のコメントとは根本的に”空気”が違う。

放送時間を調べて見るほどではないけれど、
たまにふとテレビをつけた時にやっていると
嬉しくなって見てしまう番組です。

ところで・・・日本人以外の世界の人々は、
「照れることなく自画自賛」・・・というのは普通のことなのかしら。

この番組をみて、ちょっとやってみたんです。
家に一人でいるときに自分の絵を前に、
「いやー、すごくいいねッ!」
と口に出してみたんですが、

“我を鼓舞する私”

になってしまいました。

・・・うーむ、文化!!

a0103434_17133477.gif
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-07 17:19 | イラスト


<< 「二度目。」 「赤コン!」 >>