「雨」

突然ですが、霧雨が苦手です。

ビジュアル的には、あたりがボウッと煙って
なんとなく雰囲気があるかもしれませんが、
その中を歩くとなると、残念なことばかり。

まず、傘をさしてもしっかり濡れる。
しかもズブ濡れるならまだ諦めもつくのに、
着ている服がしっとり湿るところ・・・!

「今アイロンをかけたら、きっとすごく上手くいく」

という、極上の湿り具合。

もういいや・・・と思い、傘をさすのをやめると、
傘がない分、今度は髪がしっかり湿っちゃう。
くせ毛の私にとっては、この状態がいちばん厄介なので
だからやっぱり傘をさすのですが、
いつも「ううむ」と思っています。

さらに、スペジャル大変なのは、
霧雨で道に迷ったとき。

ずっと以前、就職活動をしていた頃、
一度も行ったことのない場所を目指して
よく・・・ほんとうに良く道に迷っていました。
最近はどうだか良く知りませんが、
私が就職活動をしたころは、
梅雨の時期が会社訪問のピークだったので、
スーツと傘は、常にセットでした。

私はある日、グレーベージュのスーツを着て
(いわゆるリクルートスーツを着るのが嫌で持っていなかった)
霧雨の中を延々歩いていたのですが、
急ぎ足で風を切るせいか、いつも以上にまんべんなく
霧雨を浴び続けて・・・

・・・つ、ついた!

面接時間に間に合ったことにホッとしたのも束の間、
傘を閉じて入ったエントランスの鏡に映る自分に驚愕。

風を切って歩いた前身ごろは、ずぶ濡れて「ダークブラウン」に。
後ろ身ごろは一切濡れていなくて、ベージュカラーをキープ。
何でしょう、この二色弁当のようなコントラストは!
あの時はじめて、

「あ!だから紺色のスーツ着るのかな!?」

と思いました。

梅雨ももうすぐ明けるでしょうか。
ゲリラ豪雨では、スーツが二色にならないでしょうけれど、
雨に困る事のない夏になることを心から願うばかりの7月です。

a0103434_8223772.jpg


-----end----------------------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2010-07-13 08:21 | イラスト


<< 「感覚イロイロ」 おしらせ・・・「広告掲載につき... >>