「暑中お見舞い申し上げます」

エレベーターなどでよその人と一緒になった時、
シーンとした中でもひと言ふた言交わすことって多いと思いますが、
ここ一週間は、その言葉の持つ意味合い(?)が全く違います。


「暑いですねえ・・・!」


もはや“その場をしのぐ挨拶”なんかではなく、
挨拶と言うよりほとんどもう”心の叫び”。

昨日、帰宅したときにエレベーターで乗り合わせた人は、
他人と挨拶なんて出来る限りしたくないお年頃であろう
高校生男子君でしたが、なんと早速口を開いたのは彼。

「めちゃくちゃ暑いッスね・・・」

思わず私も、

「ほーんと、暑いッスね!」

と口調まで同じになって笑ってしまいました。
一緒にアハハと笑ったほんのわずかな時間、
暑さを忘れました。
と同時に、彼が手に持っていた冷え冷えのパピコ、
うらやましかったなあ。

そしてその日の夕方、近所のネコが道を歩いていたので
「暑いニャー」と声をかけたらすかさず、

「ンディア〜」

と、けだるすぎる返事。
ネコってこんな風にないたりするんだ・・・
がんばれ!にゃんこ先生!

いろんな暑さがあふれる毎日ですが、
皆さまくれぐれもご自愛下さいマセ♪

a0103434_11555220.jpg



------end---------------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2010-07-28 11:57 | イラスト


<< 「私の。」 「感覚イロイロ」 >>