「風」

昨日、宅急便を出しに近所のセブンイレブンへ行きました。
すごくレジが混み合っていたので、ちょっと店内を探索・・・
とおもったら、とっても気になるものを発見。

もうメジャーなものなのでしょうか、
「たまごかけ風ごはんおにぎり」という商品があったのです。

キャーたまごかけごはんを握るなんて!
いやいや、たまごかけ「風」だったそうだった。

この「・・・風」という言葉に出会うのは、
圧倒的に食べ物関連が多いのではと思います。
そして、解釈が難しい言葉だなあと思います。
どうも、それを手に取る側としては、肝心の

「風」

というところを飛ばして読みがち、考えがち。
たとえば似たような意味でも、

「たまごかけごはんっぽいおにぎり」

くらいの表現なら、食べる方も多少気軽。
想像とはちょっと違ったとしても
おおらかな気持ちで食べられるように思います。

とは言え、「っぽい」だなんて・・・
商品説明の言葉として成り立たないし、日本語って難しい。
「風」と「ぽい」の中間の、ステキな表現ってないかしら。

「たまごかけご飯を思わせるおにぎり」
「たまごかけご飯に近いおにぎり」
「たまごかけご飯らしいおにぎり」
「もう少しでたまごかけご飯なおにぎり」
「たまごかけご飯が食べたい時に食べるおにぎり」

あ〜だめだ〜
やっぱり「風」という言葉って、便利なのね。


a0103434_18572767.jpg

とっても気になった

そのおにぎり、

買って食べてみましたが、

言葉通り、”風”でした!




---------end------------------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2010-10-19 20:59 | イラスト


<< 「はじまりました、BOOK a... 「twitterの影響」 >>