「たまご問題」

久しぶりにゆで卵をつくりました。
それには理由があるのです。

以前、テレビを観ていて知ったのですが
新鮮すぎる卵でつくったゆで卵は、カラをツルンと上手に
剥けないのですって。

急いでいる時に限ってボロボロのゆで卵になっちゃうこと、
これまで何度かありました。
こうなるのは焦っているのと何か関連が!?・・・
と思っていたのですが、そういうこととは知らなかった。
へえーッ!

・・・と、その「新しき知識」を実践する日がやってきたのです。

先日、買い物からもどり、買ってきた卵を鼻歌まじりに
冷蔵庫に入れながら、ハッと我に返った私。

あれ?そういえば、ひとつだけ卵残ってたけど・・・
それって・・・どれ???

普段から心得てお使いの方なら、
「卵なんて、ふつう端から使うでしょう。」
などとお思いでしょう、そうでしょう。

ところが・・・わたし、そういうのすごく気まぐれなんです。
「今の気分」でランダムにとってしまう・・・
って、「今の気分のたまご」って何なんだという感じですが。

よく考えたら、他にもあります。

ビールケースからビール瓶を取る時も、やっぱりランダム。
ビンゴみたいな気分で斜めに空ビンを揃えたり・・・
(よそではちゃんと端から取ります・・・一応大人ナノデ)

話がそれました、卵ですね。
最後のひとつだった卵・・・なんとなくは覚えているんです。

「うーむ、この卵あたりがアヤシ〜イ。」

と思ったひとつ。
あと、別の2つを選んで、3つをゆで卵にしてみました。
上手にむける卵と、そうじゃない卵・・・・
両方ありますように!!!

結果は・・・
ひとつはツルン♪
ふたつはボロボロ・・・

つきとめた、つきとめました!
すごいなあ!テレビでみたとおり!
うれしいなあ、よかったなあ。

a0103434_850524.jpg

たまに食べると
すごくおいしい
ゆでたまご。




------end----------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-01-19 09:03 | 写真


<< 「カンディンスキーと青騎士展」 「ねるねるよくねむる」 >>