「アタタタタ」

ここひと月ほど、ひどい咳の風邪をひいていました。
こんなに苦しい咳をし続けたのは人生初かも。

ようやくその咳も減ってきた最近。あれ?
脇腹が痛い・・・!いたたたた!
これって筋肉痛?

数日経って気づいた私。あれ?
痛いところがかなりピンポイント。
「ココ!」って限定できちゃう。

さて翌日、不安な気持ちを抱えて出向いた病院での診断は、
「咳のしすぎによる肋骨疲労骨折」。
おどろきの結果だったのであります。

レントゲンも撮りましたが、トントンと叩く触診の段階で、
先生はすっかり分かっているふうでした。

先生:「トントン」 
私: 「大丈夫です」
先生:「トントン」
私: 「・・・!」
先生:「うんうん・・・痛かったね」

という同情に満ちた先生の顔には、もう
「多分ロッコツ。」と書いてあった。

気管支的には薬のいらない状態まで復活しつつ、
肋骨のために咳止めの薬がでるという笑えない状態に
切ない気持ちがスーンと広がる病院からの帰り道。

ええい!・・・なーんのなんの、これくらい!
こんなちっぽけな痛み、がんばるぞうっ!!

しかし咳・・・あなどれません。
先日、twitterでつぶやいたら、何人かの方から
「咳でロッコツ」を経験していると知りました。
みなさまも咳き込む時はどうぞお気をつけて!

a0103434_18322844.jpg


-----end---------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-30 18:36 | イラスト


<< 「イラストサイト リニューアル... 「イラストのご紹介」 >>