「しんにゅうせい」

病み上がり、久しぶりに電車に乗りましたら、
わあー学生の多いこと!

もう、とっくのとうに新学期が始まっているのですよね。

明らかに真新しい制服を着た中一女子3人組が
楽しそうに話をしながら帰宅中。

わあ〜この子達、つい二週間前に初めて知り合ったのかな。
他人事とはいえ、急に新しくなった日々の変化がどんなであるか
気になっちゃうのは私だけでしょうか。

そういえば、私の小学校生活のスタートは、
それはそれはすさまじく最悪なものでした。

事件は入学式翌日の朝。

子どもなりに新生活へ気合いが入っていた私でしたので、
目覚めた瞬間、バネ仕掛けの人形のように
おもむろに勢いよく布団から跳ね起きてみました。

その瞬間、首筋がスピーンッ!
「首が裂けた!」と思うくらい大胆につって、
寝違えのヒドイ版の状態になってしまったのです。

あれよあれよという間に首は腫れ、病院へ行くはめに・・・
何と私、入学2日目にしてあっさり皆勤賞を手放したオンナなのです。
これはなかなか眼を見張る大記録かと思います。

・・・さて、もっと大変だったのは3日目。

教室へ入ると愕然としました。
入学式当日は、まだまだ形式ばった一日だったこともあり
クラスメイトの交流も大してなかったのですが、
私が休んだ2日目、その交流は相当進んだものと思われました。
幼い私でも、その空気感は教室に入ってすぐに察知できたくらい・・・

いやいや、どうやらすごい日に休んでしまったものだよワタシは。
悟る私、時遅し。・・・ここからのリカバリーの大変だったこと!

「これは絶対に外せない、ということがある。」

6歳。入学して一番最初に学んだ出来事でした。
授業が始まるより早く勝手に教訓めいた春の日々、ああ私の学び舎・・・

a0103434_1627046.jpg


-------end--------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-04-17 16:27 | イラスト


<< 「ひるね展」 「・・・もしかしたら行いが悪いの?」 >>