「絵本購入」

・・・はっ!と思い出し、忘れぬうちにとネットで絵本を購入しました。

「セーラーとペッカ」シリーズ。

最近、偕成社から発売になったスウェーデンの絵本です。
作者は、スウェーデンの現代美術作家である、
ヨックム・ノードストリュームさん、という方。
息子さんが小さい頃に一緒につくった本なのだそうです。

a0103434_22332635.gif









この本は、通っていた絵本のクラスで荒井良二さんが紹介して下さって、
その面白さに発売を心待ちにしていました。

私が惹かれたのは”話の展開ぶり”。
これは、ドラマチックなお話・・・という意味ではありません。
主人公の「セーラー」は元船乗り、「ペッカ」はその飼い犬なのですが、
その毎日のユルいことユルいこと。そのユルさがたまらない。
見開き一面、漫画のように細かくコマ割りされたページもあるのですが、
そのコマひとつひとつの動きも相当スロー。

しかし一方で、セーラーが散歩の途中に、
「よし、ちょっとタトゥーでも入れて帰るか」
・・と、ごく軽いノリで彫り師の店に立ち寄る・・などという場面もあり、
すばらしくアグレッシブな日常の話だったりもするのです。
セーラーとペッカの日々のやりとりの末にサラリと終わるお話。
でも、かなり後引く不思議な空気の絵本です。

対象は小学校初級から、となっていますが・・・
遅く起きた土曜の午後あたりに大人がのんびり読むのにも適しているような。
(いや、むしろそちらの方が適しているような?)

手元に届くのが楽しみ♪
[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-19 22:37 | 写真


<< 「新習慣」 「焼いたり揚げたり」 >>