「プライベート空間での過ごし方」

福岡は、蒸し暑く寝苦しい日々が続いています。
薄い毛布も暑く、タオルケットさえも床に落ちている朝が続く毎日。
・・・ところがそんなことをチマチマ言っている場合ではないようです。

何を掛けて寝るべきか、などという私の小さな悩みを鼻で笑うかのように、
世の中には、自宅に帰ると全裸(もしくはパンツをはかない)で
過ごしている方が結構いるらしいのです。
その理由は、ストレスからの開放、健康のため・・などなど。
先日、目覚まし時計無しで起きられる人の多さにも驚きましたが、
こちらはまた全く違う種類の驚き・・・

何でも、全世界の在宅勤務者の約1割が自宅で全裸なのだとか。
理由のひとつとして、全裸で仕事をすると創造性が高まるのですって。
えーほんとぉ!?
私も自宅で絵を描きますが、それはかなり・・・抵抗があります。
第一、日中はベランダにだって出るし、
宅配便だって郵便屋さんだって来るのに、
その都度脱ぎ着するのはいちいち面倒では??

「スースーするし、第一、お腹を冷やしてしまうんではないの?」
というもっともな意見に対しても、ノーパンツ推奨の専門家に言わせれば、
「それは不馴れなせいで、体温調節の不良、免疫低下を引き起こしている。
まあ、パンツ依存症ですね」・・・・ということらしいのですが・・・

パンツ依存症!!!!

人はパンツに何を頼っているのか?
そう考え込んでしまうこと自体、もうすでにパンツ依存症なんでしょうか。
そんな今も、どこかで誰かが全裸で快適ライフを送っている。
つくづく不思議な世の中です。

a0103434_16182251.gif

パンツ依存症と言われても
しかたがない。
やはりパンツは大事じゃよ・・・。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-06-26 16:26 | イラスト


<< 「辛党・甘党・甘辛党」 「ゴロン太」 >>