「テキパキ」

いっぺんにいくつものことを首尾よくこなすというのは大変です。

集中力も必要だし、そもそも得手不得手だってあるし、
なかなか難しいことだな・・・と思いますが、
ある日、素晴らしくテキパキとした小さな男の子を見かけて驚きました。

場所は、スーパーマーケット。
混雑する時間帯に出掛けてしまったことを後悔しながら売場を歩いていた時、
人の波を早足ですり抜ける彼を発見したのです。

見たところ、小学校3年生くらい、でしょうか。
彼は人混みの中にもかかわらず、
左手に分厚い単行本・・・星新一の「きまぐれロボット」を持ち、
それを持つだけでなく”読みながら”、
さらには空いた右手で弟の手をひき、
売場に迷うことなく、自信満々の歩みで粉売場へ直行、
白玉粉を手際よく選び、やはり本を読みながら無言で弟を促し、
まっすぐレジへと向かって行ったのでした。
あっという間の出来事でした。

感心して彼の背中を送った私はといえば、
お麩売場でどれを買って帰るべきかについてさんざん迷ってタイムロス。
もし彼に見られたら、きっとイラッとされたに違いない・・・

a0103434_1871454.gif

[PR]
by cherry_icecream | 2007-07-04 18:12 | イラスト


<< 「小倉デー」 「ソフトクリームの日」 >>