「脱・洗剤・・・?への道」

ひさしぶりに洗濯機を洗ってみました。

市販されている洗濯槽クリーナーをポチャリと投入。
シュワシュワという泡と一緒に、汚れがフワーと浮かび上がりました。
毎度毎度のことですが、初めて試みた時のように新鮮な気持ちで絶句します。
き・た・な・い!!!

私がこの時いつも思い出すのは、
飛行機に乗った際に見たショッピングカタログに載っている、
「ランドリーリング」なるものの存在です。

「ランドリーリング」とは、特殊な水が入ったドーナツ型の物体で、
洗濯槽に入れて洗濯機を回せば、水の分子を細かくすることによって
汚れを落とすことが可能・・・というカラクリのものです。
利点は、汚れがちゃんと落ちてフンワリ仕上がるので、
洗剤および柔軟剤が要らないこと。
過度なすすぎを必要としないので節水に貢献し、さらに、
洗剤カスも無くなるので洗濯槽がキレイになるということ。

すばらしい!いい事ばかり!

汚れがどう落ちるか・・・などの科学的実証データも載っていて
読む側としては気持ちがどんどん高揚するのですが、でも次の瞬間、
「こんなのでホントに綺麗になるのか?」
・・・と、疑り深い眼でみてしまう・・・このくり返しです。

でも毎回、汚れが浮かぶ洗濯槽をみていると、
いよいよついに我が家にも導入か!というような気になります。

今回は、そのランドリーリングの”カラーバリエーションの吟味”
という新たなステージに踏み込みました。
赤と緑があるらしいのですが、もし買うなら私は赤がいいな。
購入を前向きに検討し、ここまで踏み込んだのは初めてです。

”次”に洗濯槽を洗う頃、ついについに、決断の時なのかもしれません。

a0103434_2261553.gif

数カ月後が
今から楽しみ!?
[PR]
by cherry_icecream | 2007-07-18 22:05 | イラスト


<< 「うにうに」 「運転」 >>