「アザ」

恥ずかしながら、今、私の腕と足にはアザがあります。
自分で見ても、ああ痛々しい・・・

先日、椅子の上に立とうとしてヒザをついて乗ったところ、
あまりに端っこに体重をかけ過ぎたようで、椅子が転倒。
体がコロンと仰向けになり、そのまま床に落下したのです。

驚きました。
大の大人の体が、ああも簡単にクルンと裏返ることに!
鈍痛とはよく言ったものだ・・・と思わず感心してしまう痛みに耐え、
今は真夏の太陽のもと、どうやってもかくせないアザに耐えています。

まだ高校生の頃、腕にできたアザが奇妙な色だったことに恐れていた時、
剣道部の友達に「アザが治るまで」について説明を受けたことがありました。

「赤くなる→青くなる→紫が広がる→色が散る→緑になる→消える」

今、私のアザは「色が散って、徐々に緑へ!」という終盤戦なのですが、
今日着たグリーンのカットソーとアザの色がソックリで愕然としました。
この色、大好きだったのに・・・アザの色だったのか・・・・。

a0103434_23394380.jpg
[PR]
by cherry_icecream | 2007-07-31 23:40 | イラスト


<< 「花火の季節」 「刻む」 >>