「日焼け」

ここ最近の日射しはオソロシイくらいの強さです。
信号待ちの時にもちょっとの日陰を探して、
ビルのわずかなひさしの下に立ったりするのですが、
そんな私も高校生から20歳の頃にものすごい日焼けをしました。
当時は、”肌に悪い”などということはそれ程考えていなかったので
思うがままに太陽のもとで過ごしたものです。

灼けて、そして肌が落ち着く間もなくまた灼けて、
気付いたらブロンズ像のようだった私。
なにしろ、灼けた肌の皮が剥けてきたと思ったら、
その下にある肌も灼けていたくらいです。ああひどい。

今、大人になって色んな肌知識を得て振り返ると、恐ろしさ満載の過去。
「肌は紫外線を記憶する」なんていうコピーの化粧品CMに、
「あー・・・あの時の紫外線もバッチリ覚えちゃってるのかしら・・」
と深く反省しています。

高校生の子など、無邪気な日焼け顔の女の子をみるにつけ、
「きっとなにもせずにいるんだろうなあ・・・」
日焼けどめ講座を開きたい気持ちになってしまう私なのでした。

でも、楽しいのが優先というのもよーく分かる。
きっと、みんなそうやって大人になるのでしょうね・・・。

a0103434_22353641.jpg
[PR]
by cherry_icecream | 2007-08-12 22:36 | イラスト


<< 「干物を焼く前に」 「第三回 たべもの甲子園」 >>