「千の風」

私は、色んなことにおいてワンテンポ遅れることが多いのですが、
今になって、なんてすばらしいと思う歌があります。

「千の風になって」

これまで、きちんと聴いてみたことがありませんでした。

今頃、何をいっているのかぃと言われそうですが、
改めて歌詞を良く読んでみると、
まったく一体、なんという歌だろう。

この歌を、今は色々な方が歌っていますが、
やっぱり秋川雅史氏の歌う声が
もっとも”千の風”のように聴こえます。

a0103434_2252453.jpg

この歌は作詞不祥らしいのですが、
きっと、千の風そのものがつくった歌に
ちがいありません。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-09-02 22:57 | イラスト


<< 「間違い電話」 「適当論」 >>