「間違い電話」

最近、間違い電話が良くかかってきます。

よそのお宅と間違えてかかってくるパターン。
業者の事務所と間違えてかかってくるパターン。

いろいろですが、先日の間違いは新鮮でした。

私   :「もしもし」
電話の声:「あのー、船宿タナカヤさんですか」
私   :「いいえ、お掛け間違いのようですよ」
電話の声:「あ、すみません(やだぁー違うって!・・と誰かに伝える声)」

・・・ガチャン。

たったこれだけの会話でしたが、電話が切れた後、
思うことが沢山ありました。

まず、番号違いとはいえ、家が船宿に間違えられたこと(し・・・新鮮)。
掛けてきた人は、お声から推測するに60代位の女性だったにもかかわらず、
(やだぁー違うって!)と、側にいたであろう人にもらす言葉が一変、
少女のような声だったこと。
掛かってきたのが、土曜の朝、しかもかなり早朝だったこと。

・・・一体、どんな仲間がどこに集まり、何を話していて、こんな早朝に
船宿タナカヤに電話をしてみようということになったんだろう・・・
間違い電話というのは、答えが見えず不完全燃焼に終わるのがザンネンです。

a0103434_15522280.jpg
もう何年も前のこと。
帰宅して、光る留守電ボタンを押してみると、
「ごめん俺が悪かった」的な間違いメッセージが、
時間をあけて3件も録音されていました。
悲愴感漂うあなたは一体・・・どこの誰!?

その後、この人は
許してもらえたのかなあ。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-09-03 15:57 | イラスト


<< 「アイスクリーム消費」 「千の風」 >>