「ご飯バランス」

カレーライス。

人はそのメニューを何の気なしに口にしていますが、
「カレー」と「ライス」が合体したそれは、
お皿にどんな比率でよそわれ・盛られるのが王道なのでしょうか。

常日頃、我が家でクローズアップされていることのうちのひとつに、
”ご飯&おかずバランス”というものがあります。
おかずを食べ終えると同時にお茶碗の中のご飯も無くなるという、
そのタイミングの美(?)を求めたバランスのことです。

たとえば私の場合、夫の眼から見ると、あきらかにご飯バランスが
悪く見えることがたびたびあるらしく無駄に心配をかけているようなのですが、
そのさいたるメニューがこのカレーライス。

新聞記事にのっていた「カレー&ライス・王道バランス」にはこう書かれていました。

・CoCo壱番屋・・・両方がひとつのお皿に載っている。
          ライスとルーの比率は、ほぼ6:4。
・新宿中村屋・・・ルー別盛り。ライスとルーは、きっちり計量。
         270g:300g(=9:10)

衝撃的だったのは、新宿中村屋・総料理長のコメント。
「最後に、軽く一杯スプーンにルーが残るイメージです」
なんと!ルーの余剰を狙って考慮されているのでした。

そうかあ、なるほど。
私が中村屋でカレーを食べると、とてもルーが余るのは、
辛いものが苦手なせいだと思っていましたが、
もともとあまる計算だったのか!!

・・・というようなことを、鼻息あらく夫に伝えてみると、

「仮にそんな状況下であってもバランスよく食べ終われるっていうのが、
ご飯バランスの真のプロやねんなー」

ううむ、プロへの道のりは、どうやら遥か遠い。

a0103434_23302680.gif

ライス:カレー、
6:4・・・専用皿。

こんなプリントのお皿、
あったら便利かな?
かえって煩わしい?
[PR]
by cherry_icecream | 2007-10-07 23:35 | イラスト


<< 「脳みそ」 「切手の世界」 >>