「平成元年の月餅」

近所の骨董品店で、中華菓子の木型をみつけました。
繊細な彫りがキレイなのと、アメ色になった木肌がキレイなのと、
その両方に見とれながらふと思い出したこと。

・・・中華菓子といえば、平成元年4月のある日に買った月餅です。

一体何かというと・・・
この年の4月1日に日本に消費税というものが生まれ、
その初めての買い物が、私の場合、月餅だったのです。

忘れもしない、あれは新宿駅・丸の内線改札前の小さな中村屋。

その当時、”月餅がマイブームだ”という叔父の家に向かう途中、
お土産を買おうと立ち寄ったのでした。
店員さんは、商品代金の額に付け加えて丁寧に消費税の額も口にしました。
カウンター越しに末尾一円単位の代金を支払う時、
これからお財布に増えるであろう1円玉や5円玉の量を思って
ちょっと不安になった記憶があります。

消費税が5%に引き上げになった時、最初に何を買ったのか・・・は、
残念ながら記憶にありません。
もうすぐ7%になる、ならない・・・という議論がなされている今日。
その賛否はどうあれ、もしそんな日が来たとしたら、
その日には先ずアイスクリームを買おう。
・・・と、今ここに静かなる決意。

a0103434_2223681.gif

あれ以来・・・
月餅を
自分で買ったことが
ないような・・・?
[PR]
by cherry_icecream | 2007-10-23 22:03 | イラスト


<< 「沖縄の味」 「オトナの決断」 >>