「時効」

20代の頃。

”これはいいな!”と思うスプーンがあったら集めてみよう、
と決めていた時期がありました。

アイスクリームスプーンを中心に、口当たりがよいもの、
変わった形のもの、などなど。

例えば旅行の時に、よその地で見つけることがあるかもしれない。
荷物の増える旅先でも小さなそれは買いやすいだろうし、
コレクションするにもかさばらない。
それでいて実用的。

うーんこれは!我ながら名案だ!!

・・・と思ったのですが、実際に取り組んでみると
心揺さぶられるスプーンなんてそう沢山はない・・・・
ということに気付いたのでした。

そんなわけで、スプーン集めはアッサリと終わりをむかえましたが、
今でもカトラリーが売られている場所にはグッと反応してしまいます。
たまに気に入ったものを見つけると購入しては
ささやかなマイコレクションに追加。

・・・でも、そんな収集を思い付くよりとうの昔に、
私が手元に置いておこうと思ったスプーンが
たった一本だけありました。

それを手にしたのは18歳のころ。

高校卒業を前に、お世話になった学校の、
なにか一部を記念に手元に置きたいなあと思っていました。
でも持ち帰れそうなものなど何も無く、あきらめかけていたその時。

学食でカレーを食べ終えてふと、そのうっすらカレーのついた
スプーンを見て思い付いてしまったのです。

これだわっ!!

かなり気が引けたのですが、ええーい!!!

・・・そして今。
我が家の揃いのスプーンの中に1本だけ、
その様子の違う使い込まれた学食スプーンは
いぶし銀のごとく鈍い光を放っています。

a0103434_17443869.gif
ギラギラギーン!!

もう15年前のことだから・・・
ゴメンなさい、許してね。


お昼にひとりでオムライスを食べる時などには、
かならずこのスプーンを使ってしまう私。
これからもずっと、学生気分を味わえてしまう予定です。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-10-30 17:48 | 写真


<< 「機能と好みとの折り合い」 「沖縄の味」 >>