「機能と好みとの折り合い」

くうううーッ!!

ここしばらく、珍しくイラァッとしていることがあります。
それは、増えた本が本棚に収まり切らなくなってきたこと。

新しい本を大量に買う時の独特のウキウキ感・・・
があると思いますが、本屋さんでズシリと手にした本を見て
ふとパンパンな本棚のことを思う。

「・・・これ、一体どこに置くんだろう」

たちまち心の中にササァーッと暗雲が立ちこめて、
”あれもこれも”的な買い方にブレーキが掛かっていました。
これは精神衛生上よろしくないなあ。

・・・というわけで、本棚を新規導入することに決定。

欲しい本棚は、もうすでに決まっていました。
以前買った本棚の収納力の素晴らしさに惚れ込んでいたので、
それをもう一本買うことに。

えーまた?と思われてしまいそうなのですが、
この本棚をみつけたのは「通販生活」。

何が素晴らしいって・・・
ほんの僅かなスペースに、いろんなサイズの本がビッチリ収納可!
というところが素晴らしい。
文庫サイズからA3サイズのものまでを余裕で受け入れてくれる本棚・・・
というのはそうありません。
棚の高さが幾通りにも変えられるところも素晴らしい。
また、重たい本を乗せたスライド棚がスルスルーと動くところが
これまた素晴らしい。

もうパーフェクト!!と思う本棚なのですが、
私にとって、その本棚にはひとつだけ欠点があるのです。
その見た目・・・木目がどうもいまひとついまふたつ。

ショッキングなことに、今回、ただサイズ違いの本棚を買おうとしたら、
手持ちの本棚と同じ木目のものが無いのです。
品切れ・・なのではなくて、製造からしてしていないと知って、
さらにショック。

並べて置きたいのに・・・
こういうことって、何で考えられていないんだろう・・・

これは、家電でもよくあるガッカリです。
同じ商品ラインでも、機能能力別に品番違いがあって、
好みの機能の機種を選んだら、
あら?こちらの機種にはこの色ないのッ!?・・・ということ。
あれは・・・なぜかしら?

本棚の木目でも同じ気持ちを味わうことになろうとは。
どう考えても、並んだその姿・・・恐ろしく可愛くない。

ああどうしよう。
・・・・この際もう、色塗っちゃう!?

a0103434_19394056.gif

でもとりえあず、
本の平置きをしなくて良くなるのだわ!
・・・色のコトは
しばらく忘れてみよう。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-10-31 19:49 | イラスト


<< 「みかん」 「時効」 >>