「女子のおたのしみ?」

コスメフリーク、という訳では全くないのですが、
春秋の新色が出るシーズンは心踊ってしまう私。

実際にはそんなに買うことはないのに、
この時ばかりはわざわざ下調べ用に雑誌をチェック、
各ブランドの新色やニューアイテムを見なくては気がすみません。

さらに、やはり買うわけではないのに、
その色味や質感やラメ具合などを直に確かめたくて出掛けます。
大抵のものは、店頭で「ほおおお♪」と確かめた時点で満足。

・・・こ、この満足感は何?

毎年2回、自分の不思議なコスメ感(?)に疑問を持ち、
自問自答しています。何なのでしょうこれは・・・
・・・女子の特権的おたのしみ、とでもいうものでしょうか。

今秋も「これは!」と思うものがいくつかありましたが、
実際に購入してみたものは2点でした。

この10月からの新しいブランド、MAMEWのマスカラ、
そして同じくMAMEWの”つくしブラシ”というメイクブラシです。
どのアイテムも大変丁寧につくられているブランドのようですが、
”おお!”と身を乗り出してしまったのがこちらのマスカラ。

a0103434_18443854.gif
これまで”マスカラ”とは、
ブラシが本体にセットされて
「1本2本・・・」と数えるものだと
思っていましたが、
こちらは「ひと組み・ふた組み」
と数えるべきでしょう。

・・・・なんと!
マスカラ液はチューブ入り。
スクリューブラシは別なんです。
(ブラシは携帯リップブラシのように
 持ち手の部分に収納できます)


そして使い方の斬新なこと!

スクリューブラシを歯ブラシのように見立て、
そこへチューブからマスカラ液をちょこんと出します。
そして、それをまつげにON。
このマスカラ液がまた、歯磨き粉を少しゆるくしたような感じで
固さがあるので、とても落ち着いてブラッシングできるんです。

”必要なところに必要な分だけマスカラをつけている!”

・・・という確実感があって、とても新しい感覚。

こちらのブランドは、パッケージから店鋪から
何から何まで全てのアートディレクションは
good design company---
先日、こちら福岡でちょうど参加しているデザイン塾
good design company代表の水野学さんがいらした時、
お話を沢山伺いました。
そのシンプルで風が吹き抜けるようなイメージが、
見るだけでも、実際使ってみても伝わってきます。

化粧品の”イメージ”って、とてもデリケートだなあと思いします。

今まで素晴らしく気に入って使っていたアイテムでも、
ブランド展開の方向転換をきっかけに
なんだかテンションが下がってしまい使わなくなった・・・
という経験がいくつもありました。
使う自分とテンションの合うもので毎日お化粧ができることって、
実はすごく幸せなことなのかもしれない。

さて、こちらのお店は代官山にあるのですが、
オンラインショッピングも可能です(私も利用)。

その利用途中、ちょっとした入力トラブルがあってスタッフの方との
やり取りがあったのですが、その方がまたとっても丁寧で感じが良く、
ああ、こういう商品を作って販売していらっしゃるところの方は、
皆こうやって気持ちのよい方たちばかりなのだろうなあ・・・と思いました。

アイテムとヒトに感動して・・・・そんなわけで、
きっとこの先しばら〜くはMAMEWのマスカラ一筋のワタクシです。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-11-02 16:15 | イラスト


<< 「右?左?」 「みかん」 >>