「これは・・・」

スーパーマーケットで会計の列に並ぶと、
そこはアルバイト研修中の男の子が担当のレジでした。

動きの全てにおいてたどたどしさは否めませんが、
でも、研修中ですから。
みんな大きな気持ちで彼を見守っています。

さて、そうこうするうちに私の順番がやってきました。

ピッ!!ピッ!!
バーコードを読み込みながら商品が通って行く中、
次に彼が手にしたものは、バーコードなしの野菜。

一瞬の間。
そして彼が真顔で私にいった一言は、

「これは、小松菜ですか?」

それを受けて、私の返答。

「はい、それは小松菜です。」

あれ?この感じ・・・なぜだか懐かしい?
わかった!!
中学1年の時の英語の教科書だわっ!

”Is this a pen? ”
”Yes, this is a pen. ”

こんなすっとんきょうな会話ってハハハ、普通は無いでしょ・・・
・・・と思っていたやり取りを私は実現化してしまった。

やや間があって、また彼が私に一言。

「これは、ニラですね?」
「はい、それはニラです」

・・・・まさかの実現化、ふたたび。
でも細かく分析(?)してみると、彼の語尾に変化が。

「これは小松菜ですか?」
「これはニラですね?」

・・・ニラ・・の方には、ちょっと自信が見え隠れしていました。
でももしかして・・・この質問の最上級ってあるのでしょうか。

「・・・これは、なんですか?」

もしそんな商品が彼の目の前に現れたら、もしかしたら・・・
頑張れ、研修生!

a0103434_1518116.jpg


例えば、こんな・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2007-11-19 15:22 | イラスト


<< 「クリスマスうれしいデス」 「私って案外デリケート?」 >>