「電話」

新年、気づけばもう8日。
七草粥を食べてお飾りも外した今、
もう完全に新年的空気は消え失せた感じでございます。

そんなある日、スーパーマーケットまでの買い物に、
私は携帯を持ってゆくのを忘れました。

スーパーに持って行ってまで使う用などいつもはほとんど無いのですが、
そういう時に限って、家にいる夫に聞きたいことが出てきてしまいました。
・・・チラッとみわたしたところ、公衆電話は見当たりません。
というわけで、諦めて買い物続行。

昔は、ハッと気づいたらその横に公衆電話が並んでいたものですが、
今は本当にみかけなくなりました。
私の母でさえも携帯電話を持っているくらいですから、
そりゃあ公衆電話も減るというものでしょう。
(公衆電話が減ったから携帯を持つとも言えますが)

昨年末に新聞で見かけた記事によると、テレフォンカードの販売数も
この10年で27分の1に減少しているとか。
やっぱり、この先もどんどん減るのかしら・・・

私、テレフォンカードというものが華々しく発売された時のことを
いまもクッキリと覚えています。

NTTの前身であった電電公社が発売したテレフォンカードを姉が入手、
カードには、当時のサンリオ人気キャラクター、タキシードサム
がプリントされていました。
カードにはカバーが掛けられて、使い方が懇切丁寧に書かれていましたっけ。

まだその頃はプリペイドカード的なものはほとんど無かったので
子ども心に”こ、これはすごい時代になってきた”と思った記憶があります。

今の子は、何をみて「すごい」って思うのかしら。
逆に、ダイヤル式の電話をみたら一体どうするか、ちょっと見てみたいかも?

a0103434_1682148.jpg
携帯電話はもちろん、
家の電話もほぼコードレス化
された今、受話器は右手でも
左手でも持てますが、
かねてからの習慣で
左手で持ちがちなのがオトナ、
そして、利き手で持ちがちなのが
ワカモノ・・・という統計が
あるそうです。

オモシロイ!

[PR]
by cherry_icecream | 2008-01-08 16:21 | イラスト


<< 「えほん展のおしらせ」 「2008年」 >>