「ちょっと上から目薬」

書きモノをしたり、絵をかいたり、パソコンにむかったり、
なーんだか目が疲れる細かいことばっかりです。

というわけで最近、ひさしぶりに目薬を買いました。

買ったのは、スウーッとする成分の入っていないタイプ。
人によっては「何の刺激もなくてつまらない」、という
きわめて優しいさし心地の目薬です。

今日も目にさしているうちに、
ふと「二階から目薬」という言葉を思い出しました。

二階から・・・。
言葉の意味通り、多分そんな距離、
頑張ってみても目に入ることは難しいでしょう。

でも・・・これくらいだったら入るかな?

手を思いきり伸ばしてみると、その距離、目から50センチ。
よし!チャレンジ!

一回目。
鼻の横にポトリ。

二回目。
目のちょっと下にポトリ。・・・おしい!

三回目。
は、はいったーーーーーーー!!!

しかし、びっくりしたのは
”50センチという距離からでも目薬がさせた!”
ということではありませんでした。

一番おどろくべきは、勢いがついた目薬の粒の衝撃度。
スーパークール系の目薬のような”キター!!!”感!

a0103434_023524.jpg

さし心地がイマイチ・・・
と、ご不満のある目薬は
是非、目と距離をとることを
オススメ(!?)イタシマス。
[PR]
by cherry_icecream | 2008-01-17 00:27 | イラスト


<< 「友人?同僚?それとも・・・?」 「意志の疎通?」 >>