「小雨と雨」

雨が降り、傘をさす時の基準・・・というのは人それぞれだと思うのですが、
一般的に、女性よりも男性の方が、いよいよ本降りになってきてから
ようやく傘をさす傾向にあるのではないかと思います。

夫は、その”傘はなるべくささない派”の代表のような人。
随分昔から「なぜ傘をささないのか」について理由を聞いてきました。
なぜ・・・の質問に、夫は即答です。

「もし小雨がすぐ止んだら、あっという間に傘ジャマになるやろ。
 晴れた中、それを一日中忘れんように持って歩くのなんてイヤや。」

確かに。
お天気の中持つ傘の煩わしさは、私も良く分かります。
じゃあ、折り畳み傘はどう?

「折り畳み傘!?もっとあかんっ。
 雨にぬれた折り畳み傘ほど持ち運びに困るもんはないで。」

・・・・なるほど・・・・
私は持ち運びに苦労があったとしても、
雨に濡れずに済む方をとるんだけれども・・・

小雨を雨と感じるか、というよりも、傘との付き合い方に
あい乗り入れるか乗り入れないか。
なるほど。なるほど。なるほど。

・・・と、ここまで夫の傘ギライを理解していながら、
小雨の朝に、やっぱり傘の持参を勧めるしつこい妻です。

a0103434_1056582.jpg
「雨、ふってるのかなあ?」

外出前・・・微妙な空模様の時、
夫に外をみてもらうと・・・

「美奈子には雨やなァ」

それはズバリ、
小雨だということですね?
[PR]
by cherry_icecream | 2008-01-30 11:09 | イラスト


<< 「カトラント王国イラストリレー」 「ある優しい猛犬の危険な遊び」 >>