「ふいに襲ったショックなできごと」

きゃああああーーッ!

思わず声を上げてしまうことを発見してしまいました。

携帯電話に電話がかかってきても出られない時、
自動的に留守番電話になるシステムがありますが、
私の携帯電話は、どれくらいの秒数で
留守電に切り替わるようになっているのかしら・・・
ふと思って調べてみたのです。

設定が何秒になっているかなんていうことは、もはやどうでもよくなりました。

私が気づいてしまったとんでもない設定は、留守電自動応答メッセージ。
「標準」「英語」「プライベート」の3つの設定から選べるのですが、
私の携帯電話は、一体なぜだか「プライベート」設定になっていたのです。

そのプライベート設定の声は、ちょっとテンション高めのかわいい女の子声で、

「せっかく電話をもらったけど、いま電話にでられません。
 ピーッという発信音の後にメッセージをいれてね!」

と、きわめてフランク。

がーーん!!!!この設定で今まで生活してきたのね、私・・・。

これまで、これを聞いて首をかしげていた方みなさんに
詳細をご説明申し上げたい、2008年2月です。

a0103434_23243733.gif
1.5センチも厚みのある携帯電話の説明書。
私が日頃使っている機能の説明ページは、
きっとこの1/10くらいで
済んでしまいそうです。

携帯電話は軽量化が進むのに、
説明書は分厚くなるなあ・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2008-02-19 23:26 | イラスト


<< 「祖母 in 福岡」 「冷たい風に」 >>