「たったの1時間」

先日の日曜日、「ラブアース」というイベントに参加してきました。

参加した人が一斉に海岸や河川、公園のゴミを拾い、
環境について考えるという17年前に福岡で始まったこのイベント、
現在では山口県・石川県・北海道・そして韓国は釜山でも
同日に一斉にゴミ拾いが行われています。

夫の勤める会社が毎年参加しているのですが、今回我が家は初参戦。
様子を知らない私・・・イメージでは3時間くらいかけて
じっくりゴミ拾いをするのかと思いきや出掛けてビックリ!
たったの1時間(いや、50分くらい)の”軽作業”だったのです。

でも、あつまったゴミの山といったらてんこもり。

沢山の人で一気に!!!・・・って、凄いことですね。
日頃、自分が何か小さなことに気をつけた時、
でもこれって果たして意味あるのー?ってギモン思うことも多いのですけど、
「ちりもつもれば山となる」・・・を実感出来たイベントでした。

一見、まあまあ綺麗そうにみえた海岸・・・

a0103434_22432233.gif


でも結構なゴミが散らばっていました。
例えば、さり気なく落ちているタバコのフィルターの多さにびっくり。
棒でちょっと砂をかくと、ひゃーーー!!
ワサワサーッと出てくる出てくる!!

a0103434_22463240.gif

その海岸にも、こんな浜昼顔が
元気に咲いていて・・・

あ〜なんて健気なの〜
がんばるのよ〜


浜昼顔の葉っぱが厚くてツルツルなのは、
海岸の日射しに&潮風にまけないように・・なのですって。

私はこの日、バッチリ日焼け止めを塗って参戦しましたが、
途中で塗り直せなかった足の甲だけは、クッキリとサンダル跡・・・(きえー!)
あ〜浜昼顔は自分で防御できるなんて、えらいなあ、すごいなあ。
[PR]
by cherry_icecream | 2008-06-03 22:53 | 写真


<< 「技術向上」 「カトラント王国イラストリレー」 >>