「インド式、再び。」

以前、こちらのブログで「インド式計算術」のスゴさについて
書いたことがあったのですが、
またもインドのスゴ技を知ってしまいました。

今度の計算術は、

「かんたーん!」・・・という驚きよりも、
「う、美しい!」という驚きが強いものでした。

計算式を美しいと思うなんて!
身の程も考えずになんだかすっかり数学者の気分です。

さて、この「美・計算術」は、ふた桁のかけ算の時に有効なのですが、
わかりやすそうな数字で説明してみましょう。

31×22=・・・・これを、インドの人はこんな風に解くのですって。


a0103434_21193789.gif

もう、数字なんて書かないのです。
線です、線。

31は、3本と1本の線を
こんな風に離してかきます。




a0103434_21201514.gif


同じ要領で、
交差するように22を。




a0103434_21204519.gif

線と線が重なった数を
ブロック別に数えてみると・・・
6個・8個・2個

答えは驚くべきことに、682なんです!!
きゃーーー!



こういうのを知るにつけ、インドの人っていうのは
すごーく効率良く生活している気がします。
私も頑張って、めざせ!テキパキdays!
必要なことを上手く効率化した結果うまれた時間で、
私は・・・お昼寝がしたいです♪
[PR]
by cherry_icecream | 2008-07-24 21:36 | イラスト


<< 「避暑地・北海道」 「その後が気になる」 >>