「部活動」

お友達に誘われて、「はんこ部」に入部しました。

・・・入部!!!

高校時代は帰宅部だった私にとって「入部」とは、
耳の奥の奥のさらに奥の方に、かすか〜に残る懐かしワード。

その「はんこ部」とは、ステキな単発はんこ教室で、
大阪のはんこ作家カキノジンさんが講師。
作家として活動する中、この「はんこ部」を全国展開されています。

この方のことを、皆は、

「部長!」

・・・と呼びます。
部活動中は、押す面が2センチ角の石を彫るのですが、
不器用なくせに調子にのって細かい絵柄を持参した私は、
途中からその無謀さに気づきドキドキ。
でも、なで肩をいからせながら頑張りました!

右の赤いのが彫ったはんこ。王さまです。
左が持参した元絵・・・(シーン)。
・・・でも私、これで全力投球ですから!

a0103434_15211582.gif



本当は、ヒゲや髪のカールも全て、元絵のとおり”線”に彫る予定だったとは・・・!!
彫り終えてみると、元絵を描いた自分の過信ぶりに恥ずかしさが込み上げます。



a0103434_152211100.gif

ちなみにこのはんこ部は、
ちゃんと部員証もあって、
私は、部員NO.3536。
歴史ある部なのですね〜え!!

誘ってくれたお友達は、5回目の参加。
彼女がこれまで送ってくれたハガキには
素敵なはんこが押してあったけど、
この部活で彫っていたものだったのね〜。




a0103434_1522589.gif
彫った石は、こんなカワイイ袋に入れてもらえます。
頼りないガタガタの線の王さまはんこ、
格を上げて頂き恐縮っす。

(ちなみに、この「恐縮っす」という言葉は、
部長が流行らそうとして頻繁に使っているのに、
7年経った今も一向に流行る気配がないという
言葉とか!?)




またはんこ部の活動をする時には、自分の技量に見合った絵柄を持参することが
成功への近道となりそうです。なんでも「自分らしく」が一番なんですねえ〜。
[PR]
by cherry_icecream | 2008-08-25 15:40 | 写真


<< 「ももday」 「次はいつ行こうかな」 >>