「最後の姿」

何でも「長年あったものが無くなる」、というのは寂しいものですが、
今年度いっぱいでなくなってしまうという球場があります。

それは、広島市民球場。
人生初の広島へ出かける目的は、
観光ではなく野球観戦でした。

私はこれまで特にプロ野球ファンというわけではなかったのですが、
タイガースファンのオットと一緒にたまに球場へ出掛けるうち、
「プロの試合を生で見るというのは素晴らしいなあ!」
ということをジワジワと実感。

高校野球の時以来の”声を出して応援する清々しさ”も味わって、
勝っても負けても大満足です。
(そんなこと言ったらファンには怒られちゃうけど・・・)

広島市民球場が無くなることを最近知った・・といったら、
これまた怒られてしまいそうですけれど、
そんな私が出掛けても十分に、”現役ラストシーズンの姿”を
しんみりと味わって帰って来ました。

だって、ほんとうに、すばらしい球場でした。

確かにキレイではないし、大きく立派ではないけれど、
だからこそとても親しみがあって、そして何より選手が近い。
美しい天然の芝目がすぐそこに見えるのです。

驚いたのは、試合前の練習中に、外野のフェンス越しに
選手と観客が同じ目の高さで普通に談笑。
フェンスに顔をビッチリ当てて、ちびっ子たちがお目当ての選手の名前を
叫ぶ姿なんて、この球場だからこそなんだろうなあ。

ところでこの週末、久し振りにチケットが完売だったらしいのですが、
3時試合開始のところ、お昼前に列に並ばなくては良い席が取れないという二日間。

初の広島体験は「広島市民球場のみ」でしたが、
それがむしろ素敵に思えた2日間でした。


a0103434_16561364.gif

今この時代に新しい球場ができると
一体どんな風になるのだろう??

そりゃきっとキレイになって、
素敵なデザインになって・・・
それは果たして、
これまでのカープファンの
おめがねにかなうのかしら〜!?
[PR]
by cherry_icecream | 2008-09-08 16:59 | イラスト


<< 「意外とどうすることもできない... 「わらび」 >>