「出会えてラッキー」

友人と熊本へ写真展をみに(←日帰りでこんなことも可能だとは!・・とコーフン)
出掛けた帰り道、手に取らずにはいられない食べ物を発見してしまいました。

ラッキーチェリー豆・・・!?

名前の「櫻井」・・から、「チェリー」と呼ばれることもある私は、
その名前に激しく反応。しかも「ラッキー」だなんてステキ♪

最初にそれを発見した友人いわく、
「パッケージに書いてあることがまたすごいのよ〜!」

へえ〜そうなの?どれどれ読んでみよう。

「豆のひとりごと」

!!
・・・豆がひとりごとを!!
・・・続きを読みましょう。続きを。

わたくしは「ラッキーチェリー豆」と名付けられておりますが、
本体は「そら豆」でございます。
わたくしが名付けられるまでの過ごしかたを申しますと、
まず皮を剥いでもらって水漬けにしてもらいます。
それから油で揚げられて水飴、生姜、砂糖などを煮合わせた衣を
きせてもらいます。
「藤田のラッキーチェリー豆」と特に申しますわたくしは
優良「そら豆」を使用されていますから、自慢じゃないが
生まれつきがすでによい、つまり素質がよいというわけです。


・・・なあるほど〜!!!
ラッキーなチェリー豆は、そら豆だったのですね、しかも優良な。
非常に丁寧な口調ながら、最後「自慢じゃないが」というところにだけ、
ちょっとだけ強めの意思を垣間見れるところがまたステキ♪


a0103434_1732263.gif

もちろん買って帰りました、
長崎島原名菓「藤田のラッキーチェリー豆」。

ほんのり生姜の甘い衣が懐かしく、
パリパリの歯ざわりが
たまらないのでございます。

なくなったら近所で買えるのかしら〜?

・・・心配しながらまたひとつパクリ。
[PR]
by cherry_icecream | 2008-11-06 17:06 | 写真


<< 「探すって、なんて無駄な時間だ... 「幸せ空間」 >>