「師走のできごと」

年末、街行く人は皆急いでいます。

それは近所のスーパーマーケットでも同じで、
一人で来ている買物客の人も、その顔がもう

「あー忙しい、わたし忙しいわあ〜っ!」

という風に見えるくらい。

そんなある日の夕方。
当然のように長蛇の列となったレジに並びました。

あーはやく順番が回ってこないかなあ〜と思いつつ、
そうだそうだ、あの人にメールを一本送っておこう・・・
という余裕もあるくらいの待ち時間があり、
ようやく私のカゴの順番が来ました。

ピッ!ピッ!

・・と順調にテンポよくレジを通ってゆく商品。
すると、レジ担当の男の子の手がピタリととまったのです。
ん?なにかな?

と思ったその時!!!

なんと彼、着ていた長袖のシャツを肘の上まで
ググッとまくったのです。
その唐突な腕まくりに、私だけでなく後ろに並んだ人の
視線を一斉に集めた彼は次の瞬間、
肘をゆっくりポ〜リポリと掻き、そして丁寧にシャツを手首まで下ろして、
何事も無かったかのように作業に戻りました。

うーん、すごい。
この忙しい状況下では、服の上から掻くのも難しそうなのに、
しっかり腕をまくった彼。
ダイレクトに掻いた彼。

a0103434_1453516.jpg

ああ・・・
今後も彼の行動に
注目してしまいそう。

(このスーパーマーケットには、
注目しておくべき人多くて
大変です。)
[PR]
by cherry_icecream | 2008-12-23 14:06 | イラスト


<< 「地獄を見た私」 「血の滲む思い」 >>