「しらない世界」

自分では絶対に行かない場所・・・というのは、
大人になればなるほど多くなるように思います。

つい先日、私の日常ではほとんど無い、
「動物との時間」を持つことがありました。
それも、1週間に2度。
なかなかこんな機会はありません。

一回目は、「これまでの人生、犬がいないということが無い」
という友人と、ちらりとペットショップへ。

私、ペットショップというところへ出入りした経験は
これまでの人生で、二度だけ。
「あの時と、あの時。」と覚えているほど少ないのです。
(動物園は好きなのに、なぜだろう)

今回が、実に3度目の入店(だからちょっと緊張)。

いやーなんとまあ、カワイイ〜♪
ツッタカターと駆け回るフェレットに、
犬にインコにカメに熱帯魚!

なるほど!みんなが立ち寄る理由がようやく分かったぞ(遅い)。

そしてまた先日。
一緒にいたデザイナーの友人が、

「・・・ネコ、大丈夫?」

と尋ねてきたのです。突然。
大丈夫よ、ネコもイヌも好きだけど、なになに??
もらい手のいないカワイイ子猫がいるの、っていう話かな??

「実はね、ネコをテーマに制作するものがあるんだけど、
写真ではなくて、本物のネコを見たいのよ。・・・でね、
ネコカフェが近くにあるんだけど、一緒に行ってもらえないかな?」

ネコカフェ

そんなカフェがあるのだ、ということは知っていましたが、
自分が行ってみることになるとは夢にも思わなんだ〜!!

是非行ってみましょう♪ということになり、
静かにコーフンしながら出掛けてみると・・・

まず、店内がとてもキレイなんですね。
お客自身も入店と同時に手洗い&消毒。

さて、改めてぐるりと見てみると・・・

レジの上にネコ、棚の上にネコ、梁の上にネコ、箱の中にネコ、
カゴの中にネコ、ソファーの下にネコ、ネコネコネコネコ。ネコちゃーん♪
当然ですが、もうネコちゃんだらけなのです。

処分場から助けられたり、けがをしているところを保護されたりした
ネコたちなのだそうですが、ここでは彼らは「ネコスタッフ」と呼ばれ、
ちゃんとカフェ店員さんなのですって。

a0103434_18311797.jpg
ネコスタッフは、

寝るのもお仕事。

(ステキ♪)



平日の昼間でしたが、ひっきりなしにお客さんがやってきて、
近寄ってきたネコを撫でてはヨシヨシして笑顔・・・
ん〜みんないい顔♪

と思ったら、あれ?
私のところへは、あんまりネコスタッフさんが来ないのですが・・・なぜ?
にゃんこ先生には解るんでしょうか。
「あなた、今日突然来ることになったんでしょう」ということが!

ちょっとだけアウェイ感を感じつつも、久しぶりのネコの毛並みや
ぬくもりが嬉しい1時間。
昔、祖母の家で飼っていた白ネコに似た子がいて、
なんだかとっても懐かしい気持ちになったのでした。

自分が普段いかないところへ出掛けてみるって、楽しいものです。

a0103434_18324024.gif
三時のおやつが運ばれてくる扉の前に、
ネコスタッフさんが大集合。

寝そべって待つネコ。
足をなめながら待つネコ。

ドアノブをじっと見つめている
クロネコちゃんが印象的でした。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-23 18:36 | イラスト


<< 「寒いから?」 「絵のことについて考える」 >>