「黄色いあかり」

節電、エコ・・・という点では、白熱灯より蛍光灯が断然良いらしい、
ということは知っているのですが、白熱灯の黄色いあかりを手放せなくて、
未だに家のあかりのほとんどは白熱灯です。

いや、一度は、「白熱灯色」といわれる
電球型の蛍光灯をひとつだけ買ってみたことがあるのです。

家に帰って早速つけてみると、
「蛍光灯がここまで頑張っていますよ〜!」
とでも言うような一生懸命な黄色具合に
「うーむ健気、こちらが切ない気持ちになるなあ」と思ってしまって、
それ以来なんとなく買っていません。

でも、そのうち白熱灯自体が生産されなくなるらしいですね。
ヨーロッパでは、日本より早くその動きがあるようですし、
私なんかよりも断然辛い思いをして新しい灯りを受け入れている人達が
きっと沢山いるんだわ。


a0103434_1892884.gif

次の白熱灯が切れたら、

徐々に変えてみようかなあ・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2009-02-18 18:11 | イラスト


<< 「relax???」 「謎は溶けないバレンタイン」 >>