「さん」

最近、「はて?」とギモンに思ったこと。
そういえば歴史上の偉人を「さん」づけでは呼ばないなあ・・・

たとえば、
「福澤諭吉さん」「樋口一葉さん」「夏目漱石さん」
なんて言ってしまったら、
「さん」をつけた意味とはうらはらに俗っぽく響いて、
「あら、知り合い?」的なニュアンスに聞こえちゃうものです。
せっかく「さん」を付けたのに・・ですけれど。

さて、ギモンに思ったのは、ここから。
この「さん」を付けなくなる境目ってどこなのでしょう。

今年は松本清張生誕100年という年らしく、
原作ドラマがなどがあるようなのですが、
そこへ出演している俳優さんが

「松本清張さんが・・・」

と話しているのを聞いたのです。

存命の作家本人を目の前に呼ぶ場合はともかくとして、
没後まだそれほど年数が経っておらず、
平成21年の今、「松本清張さん」。

・・・果たしてこれは?

ちょっと「ん?」と思いつつ、
でも、ドラマに出演する俳優さんなら、
松本清張に「さん」をつけてしゃべりたい気持ちも、
うんうん、なんだかわかる気もするなあ・・・。

これは日本人独特の感覚なんでしょうか。

外国の人に、
「どういう時につけて、どういう時につけないの」
なんて聞かれたら、しばらく考えてしまいそう!?

日本語って難しいなあ。


a0103434_19334040.gif

歴史上の人物だけど、
この人を呼ぶなら
もう、絶対に

一休「さん」♪
[PR]
by cherry_icecream | 2009-04-28 19:37 | イラスト


<< 「いやはや、オトナ。」 「マッハで過ぎた4月」 >>