「もうこれで終わりにしたい」

「いいまつがい」・・・というものが世に溢れていて
話題に上っては「プププ!」と笑いを誘ったりしていますけれど、
私は、より根本的な「覚えまつがい」をしていて赤面することがあります。

日頃、言い回しがちょっと不安な言葉や、自信の無い漢字などは
すぐに調べるクセもついているのですが、
タチが悪いのは、小さな頃に「これが正しい」と覚え込んだ名詞。

恥ずかしながら書くと、

コヨーテ・・・のことを、「ヨコーテ」。
(※学生の頃、姉とふたりの会話中に指摘される。
 身内にバレる=一番ダメージが少ないパターン。)

モビール・・・のことを、「モービル」。
(※友人と3人の時に、笑顔でハッキリと発音してしまった。
  親しい友2人の前だったので、こちらもまだダメージは少ないほう。)

・・・など。
明るみになる度、「キャ〜ッ!」と手で顔を覆ってきましたが、
30代も半ばになった今、さすがにもう、ナイと思います!
ここ2・3年は、もう出尽くしたと思って過ごしていました。

ところが最近、また発掘してしまったのです。

それは、家で夫と「花粉症の人は鼻がつまってツライのよ」
というような話をしていた時に、ポロンとでてきた懐かしの商品名。

私:「こどもの頃、デボラップ塗ってもらうと、スーッて鼻が通ったよね!」
夫:「ん、んんん?今、なんて?」
私:「ほら、ヴィックス・デボラップ。」
夫:「それ、ヴェポラッブのこと?
     ・・・すごいな!奇跡や!どこも合うてへん!」

合っているのは、わずか、「ラッ」のところだけなのでした。

家で夫とふたりでしたが、もはや「恥ずかしい」とか「恥ずかしくない」という
レベルを超えて、あまりのオリジナル感にボー然。
子どもの頃の記憶が今になってこれ程の凄みを増すとは。

そんなわけで、まだ何かしらこんな「在庫」が残っているかもしれません。
将来、その瞬間に立ち会ってしまう不遇な方がいらっしゃいましたら、
・・・どうか笑顔で受け止めて下さいね(トホホ)。

a0103434_9231385.jpg

あ〜ほんとうだ。

これからは

気をつけます・・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2009-05-27 09:34 | イラスト


<< 「ちょうど、ピッタリ。」 「かがわ、いいわ〜! その4」 >>