「はやる、ということ」

ファッションの流行に敏感か?といわれると、
「ん〜どうでしょう。」の私。
知るを求めるものの、
実践はあまり伴わないタイプです。

でも、

「昔っぽーい」
「今っぽーい」

と、誰もが思う感覚的なものってあるなァ。
瞬間的に眼に飛び込んで来る何かが、それっぽい。

先日、へー!面白いな、
と思った記事読みました。

ファッションの変遷には、「レイヴァーの法則」というものが
あるらしいのです。
ファッション史の大家、ジェイムズ・レイヴァーという方が、
かつて1937年に提唱したものだそうですが、
この法則、なんだか妙にすごみがありました。


10年前の流行は「みっともない」
20年前の流行は「バカみたい」
30年前の流行は「面白い」
50年前の流行は「レトロ」
70年前の流行は「素敵」

そして・・・
100年前の流行は「ロマンチック」


人の眼には、そう映るのだそうです。
1937年という昔に彼が唱えた法則、記事には、

「情報化が進んで流行変遷のペースが速くなっているので、
そのスパンはもうちょっと縮んでいるだろう」

とありました(なるほど)。

最近、海外コレクションでは、
25年前くらいに流行した肩パッドが復活か!?
・ ・・という色を見せ始めたそうで、
その事実にクラッときましたが、法則からいくと
「肩パッド?・・・へえ、面白いね♪」
ということなんでしょうか。

超なで肩の私としては、そんなデフォルメファッションが
ふたたび流行っては困るのですけれど、いずれ歳月がたてば
それが「ロマンチック」になる日もやってくるんですねえ。

ファッションって、不思議だなあ。

a0103434_834367.gif
私、なで肩すぎます。
身長165cmにして
ジャケットサイズは7号。
だから座っていると
小さくみえるらしく、
立ち上がると驚かれます。

ああ、本当は颯爽と
シャツの似合う肩が欲しい・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-25 08:38 | イラスト


<< 「そろそろ?」 「こども部屋展 終了しました」 >>