「楽しいこと」

風が冷たくなって首をすくめるようになると
ふと思い出されるのは、小さな頃によく遊んだ
「ファイト一発ごっこ」です。

夏には青く茂っていた芝の遊び場も
冬になるとその葉は枯れて、
地面には網の目に延々と硬く這った
根っこが目立ってきたものでした。

それを、小さな頃の私たちは
ためらうことなく引っこ抜いた(!)のです。
表面に這った根は、すぐにブチンと切れると思いきや、
ところがどっこい思った以上に頑丈そのもの。
ズルズルと2mくらい切れずに繋がって
一体どこまで切れずにいけるものかと
キャッキャいいながら引き抜くうち、
ちょっとした段差にさしかかりました。

そこで急遽はじまった遊びが
「ファイト一発ごっこ」なのですが・・・

たった1mの段差を「崖」に、
そして芝の根を「ロープ」に見立てて、
リポビダンD「ファイトいっぱああああつ!」
を真似るだけという、今すぐにでも飽きそうな遊びを
暗くなるまで延々やり続けていたのです。
寒いし、手が荒れるし、爪に土は入るし、
遊びの成果も何も無いのですが、
「ただ楽しい」だけに費やす時間は
今思うとなんだか新鮮。

先日、イラストレーター、陶芸作家のお友達と
いろんな話をしていたのですが、その中で

「自分が楽しいだけの為に作ったり描いたりすること、とは」

・・・という話題になり、
それは当然やはりというべきか、
とても深い話になりました。

その帰り道。
電車から暗い外を眺めて思い出したのが
「ファイト一発ごっこ」だったのですけれど、
ああそうか、ああいう気持ちで
また「ただ楽しく」やってみよう。

ファイトいっぱあああつ!!!


a0103434_2340583.gif

しかし・・・

楽しい時間というのは

なんとまあー

あっという間

なのでしょうね!
[PR]
by cherry_icecream | 2009-11-21 23:47 | イラスト


<< 「すこーしずつ変わる」 「こんなところにまで」 >>