カテゴリ:写真( 139 )

「トラトート」

図書館に行く時、よく使うトートバッグがあります。

このバッグを買おうか迷った時、「図書館用にピッタリなのでは?」と、
買う理由を無理矢理くっつけたようなものでしたが、
使ってみると本当にピッタリだったので自分でも驚きました。
以来、かれこれ5年以上愛用中です。

これは、ある本でみかけて欲しくなりました。
羊羹で有名な「とらや」のもの。いちいち色んなところが素敵なのです。

まずはビジュアル。黒の地に小さくトラマーク。
んー、シック。

そして「羊羹がちょうど三竿入るサイズ」という規格設定。
実際のところ、とらやへ足を運ばせた決定的な理由は、コレです。
特段いつも羊羹を食べているという程の好物ではないし、
おつかい物はとらやの羊羹と決めている、という訳でもない。
でもなぜかこの設定に惹かれてしまってお店まで見に行くことになったのです。

早速お店へ出向き、私は笑顔の店員さんにトートバッグを見たい旨を告げました。
すると、「こちらでございます」と丁寧に案内してくれ、
極めて落ち着いた口調で、バッグにはMサイズとLサイズがあること、
さらに、黒以外にカーキ色があることも教えて下さいました。
でも私は家を出る時からもう決めていたの、ごめんなさいね。

ホントに買う?・・・と最後にもう一度自分に問いかけてみましたが、
図書館用に・・・との理由づけの他にもう一つ、いい理由がみつかったのでした。

私は寅年だ!

a0103434_11453277.gif

                  確かに、ちょうどイイ。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-26 15:31 | 写真

「ああ、めで鯛♪」

いつも良く飲むビールは違うブランドなのですが、
最近発売された"エビスTHE HOP" が気になり買ってみました。

a0103434_18573966.jpg







緑のエビス・・・どうしてもまだ見慣れないのですが、
恵比寿様が「これもエビスです、よろしくぅ」と言っているようにみえるワ♪

この恵比寿様、赤い鯛を1匹抱えていますが、たまーに鯛が2匹いる
”超レアレアエビス”があるのですよね。
”ラッキーエビス”と言うらしいのですが、数百本に1本の割合で
その福を運ぶビールは製造されているとのこと。

そして、以前宿泊した唐津の宿で、それを見せて頂きました!

a0103434_18583667.jpg







いつにもまして福々としたお顔立ちの(ように見える)恵比寿様の笑顔。
こちらがスタンダードラベルだったらいいのにな。
(でもそれじゃ意味ないな)


a0103434_18595173.gif

[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-24 19:03 | 写真

「ワルい子はいねーかー」

今年に入ってからずっと、わが家では静かに南部せんべいが流行中です。

昨年末、とある東北物産展に”「なまはげ保存会」からホンモノのなまはげが来る!”
というので、一体ホンモノはどれだけ恐いのかを確認するべく夫と見に行きました。

実際に間近でみると、それはもう筋金入りの恐さで、大人でも十分コワイ。
当然ちびっ子たちはこの世の終わりみたいに泣いていましたが、
そんな大号泣の渦の中、目にとまったのが「南部せんべい」でした。

久しく口にしていないなあと思い迷わず購入、お茶をいれて早速頂きましたが、
「なぜもっと頻繁に食べなかったのか」と悔やまれる懐かしいおいしさ!
以来、物産展でなくても見つけるとついつい買っています。

こちらは、青森の南部せんべい。ゴマ大集合!
これ、麦芽水飴をつけて食べるとより美味しいんですよね。
地元の方は、これを割っておつゆの具にしたりもするとか。袋に書いてありました。
今度やってみようかな?

a0103434_214956.gif



イイ子もワルい子も是非食べるべき。
[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-23 21:10 | 写真

「楽しいことって集中するのね」

福岡は朝から雨の日曜日でしたが、私にとっては素敵な一日でした。

リートフェルトのデザイン展へゆき、彼のつくった椅子に座ったり、
建築模型を眺めたりした後、木いちごのソフトクリームを食べてひと休み。
その後、夫とイッセー尾形のひとり芝居を観に行き大いに笑い、
帰りがけに大好物の串揚げを食べ・・・そしてさらに!
最後に出てきたシャーベットを食べるためのスプーンが素晴らしく、興奮気味に帰宅。
そして、家に帰れば、先日ネットで購入した絵本「セーラーとペッカ」が
届いていたのでした。

んんんんんーーーーー!なーんて素晴らしい日!
しかしよく食べた。
明日はラジオ体操を何セットやればいいのかなあ?

a0103434_232261.gif

[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-22 23:04 | 写真

「アイスクリームを美味しく食べたい」

常日頃、ずっと疑問に思っていることがあります。

それは、食器売場でも雑貨屋でもインテリアショップでも
なぜ”カトラリーのお試し”をさせてもらえないの?
ということ。
使い心地を知るために、店頭で口に入れてみるチャンスが
あってもいいのではないかな?

レストランに行けば、何度も洗われた
同じカトラリーを使い食事をするのだから、
ショップでもサンプルを用意しておいてもらい、
「試しに口に入れてみたいのだけど」と客が申し出たら、
お店の奥から貸し出してくれるサービスがあればいいのになァ、
と思う訳です。

こんなことを思うのも、
これまでアイスクリームに最適なスプーンを探して
長い旅を彷徨っているから。

アイスクリームの美味しさ・冷たさ・滑らかさを
存分に味わうために必要な
スプーンの薄さ・大きさ・カーブが揃うものを探すのは難しい。
だからこそ、店頭で試せたら・・・と思っています。

ちなみに現在の”myチャンピオンスプーン”は、
8年程前に池袋の冴えない雑貨屋(シツレイ)で出会った一本。
まだそれを超えるものには出会っていません。
果たして一生これを使い続けていけるのだろうか??
そんな不安もあり、私のスプーンキャラバンに終わりはありません。
どなたかいいスプーンをご存知の方はご一報を頂けたら幸いです。

a0103434_22461196.jpg

[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-21 22:49 | 写真

「絵本購入」

・・・はっ!と思い出し、忘れぬうちにとネットで絵本を購入しました。

「セーラーとペッカ」シリーズ。

最近、偕成社から発売になったスウェーデンの絵本です。
作者は、スウェーデンの現代美術作家である、
ヨックム・ノードストリュームさん、という方。
息子さんが小さい頃に一緒につくった本なのだそうです。

a0103434_22332635.gif









この本は、通っていた絵本のクラスで荒井良二さんが紹介して下さって、
その面白さに発売を心待ちにしていました。

私が惹かれたのは”話の展開ぶり”。
これは、ドラマチックなお話・・・という意味ではありません。
主人公の「セーラー」は元船乗り、「ペッカ」はその飼い犬なのですが、
その毎日のユルいことユルいこと。そのユルさがたまらない。
見開き一面、漫画のように細かくコマ割りされたページもあるのですが、
そのコマひとつひとつの動きも相当スロー。

しかし一方で、セーラーが散歩の途中に、
「よし、ちょっとタトゥーでも入れて帰るか」
・・と、ごく軽いノリで彫り師の店に立ち寄る・・などという場面もあり、
すばらしくアグレッシブな日常の話だったりもするのです。
セーラーとペッカの日々のやりとりの末にサラリと終わるお話。
でも、かなり後引く不思議な空気の絵本です。

対象は小学校初級から、となっていますが・・・
遅く起きた土曜の午後あたりに大人がのんびり読むのにも適しているような。
(いや、むしろそちらの方が適しているような?)

手元に届くのが楽しみ♪
[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-19 22:37 | 写真

「夢」

きのうの晩、おかしな夢をみました。
なぜかバナナになってしまう夢。
よりによって、バナナ。

かつて二度ほど人間以外のものになる夢をみたことがありますが、
植物になるというのは初体験。
しかし厳密には、私は”こびと”になってバナナの皮に収まっている。
よかった、”バナナそのもの”になったわけではないんだわっ!と、
ホッとするところから夢ははじまったのですが、
すぐに次の問題が突き付けられました。

これは一体、いつになったら出られるのだろうか。
ジャングルの中、まだ樹になった状態の身としては不安がつのるばかりです。
こびととはいえバナナの中は非常に窮屈で、その形状にあわせて上げた腕は
ずぅっと万歳状態。そして徐々におとずれる疲労。

途方にくれていると、ハッと目が醒めました。
やはり・・・というべきか、腕は枕の上で万歳になっていました。

そんな肩をグルグルまわしながら、朝、キッチンに立って先ず目に入ったのが、
ちょうど食べ頃のバナナ2本。
”今朝はこれを食べよ”・・・ということだったのか??
a0103434_14262133.gif

[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-17 14:33 | 写真

「2級」

「大人の脳トレ」流行りも過熱していますが、その中で気になるものがひとつ。
「漢字の読み書き」です。
難しい漢字を一生懸命読むことはあっても、やっぱり書くことは激減。

ある日、夫とテレビを観ていて漢字検定の話になりました。
で、本屋さんでさっそく問題集をチェックしてみると・・・・

2級・・・高校卒業レベル 対象漢字数1945字(他に人名用漢字)

ふーん、受けるならこのへんなのかな?
なんて・・・過去問題集をパラリ。見てみましたが、結構難しい。
わかる字はわかるんですが(そりゃそうだ)、読みすすめながら、突然詰まる。

「矯める」

・・・うーん、読めない。これ、矯正の矯という字だ。
ということは・・・と考えても、訓読みとなると???

この字が読めなかったことが妙に悔しく、
ちょっと受験を考えている今日この頃です。

本の説明によると、昨年の2級受験者の58.99%は16〜18歳だそう。
リアルタイムで習ったうちに受けちゃおうっていうことですね。
それってとても効率がいいと思うわ、是非ともそうすべきだわ。
・・・負けていられない、30代!


a0103434_225282.jpg


ちなみに、「矯める」・・・は、「ためる」と読みます。
(これって、普通すんなり読めるんでしょうか?)
[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-14 22:19 | 写真

「春のベランダ」

春・・・
冬と違って洗濯物を干すのも気持ちがいいし、
とっても爽やかな気持ちになれる嬉しさがある反面、
つらい季節でもあるのです。

それは我が家の”チョウチョ問題”。

家のベランダの天井は、半透明のガラスでできているのですが、
ベランダへヒラヒラと飛んで来たチョウチョは大体、このガラスに大苦戦。
なぜだかみんな、ベランダへ入ってくると真上へ飛びたくなるみたいなんです。
ガラス越しに降り注ぐ陽射しが魅力的なの?

でも、そこは残念ながら全面的にガラスですから、
羽や小さな体がバンバン当たり続ける訳です。
横に飛んでもらおうとして長い棒で誘導したりもするのですが、
その棒を怖がって、もっと真上へ飛ぼうとするから逆効果。

朝、洗濯物を干す時に既にいたチョウチョが、お昼を過ぎて、
さておやつでも食べようかという時間になってもまだヒラヒラ。
そして夕方近くになると体力は限界でフラッフラ。

でも、日が傾きはじめるとみんなあっさりどこかへ飛んで行く。
日が落ちて天井に魅力的な光が届かなくなるからでしょうか。
弱々しく飛んで帰る姿を見ると、なんとも切ない気持ちになる春です。

最近は毎朝、カーテンを開けてすぐにベランダの天井を見てしまいます。
あ、今日もやっぱりヒラヒラ。
この時間になっても、まだヒラヒラ。
あ〜何かイイ方法ないかしら。


a0103434_13101288.jpg

[PR]
by cherry_icecream | 2007-04-12 13:28 | 写真