<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「残念ながら」

気づかぬうちに、お気に入りのものが製造中止、廃番になってしまった!
・・・ということを知った時って、本当にふいうちで困ってしまいます。

決定的なショック・・・!・・・とまでは行かなくても、
「気に入っていた、あの色だけが廃番に」とか、
「この部分が好きだったのに、何故かこの部分だけマイナーチェンジ」とか。
先日も、グリップ部分が好きで使っていた筆記具が、
そこだけ改良(私にとっては改悪)されていたのでした。

・・・いやがらせ?
私、何か悪いことしちゃったのかしら・・・

こんな時、おとなしく唸ることしか出来ない場合がほとんどですが、
昔、一度だけ直談判できたことがあります。

実家の近所のパンやさんに、大のお気に入りパンがありました。
そのパン(デニッシュ)は、店内で他に売られているパンとは雰囲気が違って、
明らかにひとつだけ突出した甘さを見せつけていたのですが、
不思議とその突き抜けた糖度に眉をひそめることなく、
「いいね〜♪」と思える美味しさがあったのです。
アーモンドクリームとクルミがズッシリとした食べ応えのそのデニッシュ、
もちろんお店にいくごとに買っていたのですが。

ある日、無かった。
次に行っても、無かった。
ドキドキしながら、その次に行った時、棚に無いのを見て私は店員さんに、
「あれはどうしちゃったのでしょう」と聞いたのでした。

アルバイトと思われるかわいらしい女の子が申し訳なさそうに言うことには、
「あのパン、もう焼いていないんです・・・」

「ええっ!そうなんですか!あんなに美味しかったのにショック・・・」

そう答えた私の顔が、相当ショックな顔だったのか、
その女の子は、奥にひっこんだかと思うと、
長いエプロンを掛けて、腕まくりをしたおじさんを連れて出てきました。

初めて見る店主の姿。
この人がパンをつくっているんだ・・・としみじみ思っていると、
女の子が、その店主を紹介するように手を向けて私にひと言、

「どうぞ」

と言ったのです。
どうぞ・・・とは、「どうぞ、意見を直接。」という意味だったようで、
急遽、店主と向き合った私は、迷うこと無く訴えました。
なぜ、あのパンを焼かなくなってしまったのですか?

「・・・僕もねえ、あれ、大好きなんですよ。
だからずっと焼いてたんですけれど、
甘過ぎるからなのかなあ、あんまり売れなくってね。
でも、だからって甘さを控えればっていうのとも違ってね、あれは・・・
もう焼けなくてごめんなさいね、どうもありがとう。」

本当に申し訳なさそうな顔。つらそうな顔。
そうか・・・バッサリと世の都合だけじゃない。
お店の人にも葛藤があったんだなあ。

以来、ガッカリな「改良」「廃番」に出会った時には、
いかんともしがたい理由があったんだわ、
と、一生懸命思い込むことにしています。
・・・悲しいけれど。

a0103434_21571776.jpg
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-31 21:59 | イラスト

「走る、その意味。」

こんなに寒い冬なのに。

小さな頃、たいした厚着もしないで外でキャーキャー遊べたのは
・・・あれは一体なんだったのでしょう。

そもそも、なぜあんなに走りたかったのか。

おにごっこ、だるまさんがころんだ、ケイドロ、かくれんぼ、缶蹴り・・・
よくよく考えたら、全部走らなくてはなりません。

さらに、頼まれてもいないのに公園から家までは走って帰ったし、
どの階段ももれなく駆け上がったし、
高いところにはいちいち登りたかったなあ。

だからよく転び、よく泣き、お風呂で滲みてまた泣いて。

小学3年生の冬、信号のない大きな道路を
ひとりで渡らなくてはならかったことがありました。
信号はないのに意外と車の往来が激しくて、
どうもいまひとつ渡るタイミングが・・・

子どもだった私は、その状況にかなり緊張。
車が途切れた一瞬、「今だ!」とばかり、走って渡ろうとした一歩目、
舗装したばかりの黒々と粗いコンクリートの道路で転んだのです。

膝がザク〜ッ!と擦りむけて、わーん!!と泣いて、
それでもなお「走って」家へ帰ったのですが・・・それから25年後。

先日、お正月特番の「はじめてのおつかい」を観たのです。

わずか5歳くらいの男の子が、やはり道路をひとりで
渡らなくてはならない・・・という場面が。
すると、その子はなんと、近くにとまっていたタクシーにおもむき、
運転手さんに「向こうに渡らせて下さい」と頼んだのです。

タクシーを降りた運転手さんに手を引かれて、
足取り確かに、道路を歩いて渡った彼。


a0103434_17373651.gif

んーーーーーー、そうか!
そうねそうよね〜、
なるほどね〜!

ただただ感心して
唸るばかりの
私だったのでした。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-29 17:42 | イラスト

「寒いから?」

夜、どうしてもベランダに出なくてはならなくなったら、
ちょっとだけ躊躇してしまいます。

あーいやだわ〜、だって寒いもん・・・と思いつつ、
暖かい部屋のカーテンをチラリと開けた時。

外に出ずとも、カーテンと窓の間の空気が、
もう早速十分冷たいのには、本当に驚きます。

そんなにも寒い毎日だからなんでしょうか、
Macが風邪をひいてしまいました。

それは、「マウスが動かない」病。

USBを抜き差ししても、再起動させても、
ポインタが画面の左上に固まったまま、チラリとも動きません。
きゃあああああどうしましょ!!!

いつも修理をお願いする方に問い合わせて、
すったもんだといろいろ試してみたところ、
どうやら原因は、マウスとキーボードの電源を取っている元、
モニタのUSB出力が瀕死の状況であることが判明しました。

こんなところが、急にまた、なぜ。

今、なんとか急場をしのいでいますが、ちょっとずつガタがきているのかな・・・
機械だって、毎日タイヘンなのね。


a0103434_1834502.gif

そういう私は、
このモニタに背中を押されたかのように、
最近ようやく運動をはじめてみました。

(・・・さて、どうなる!!??)
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-28 18:37 | イラスト

「しらない世界」

自分では絶対に行かない場所・・・というのは、
大人になればなるほど多くなるように思います。

つい先日、私の日常ではほとんど無い、
「動物との時間」を持つことがありました。
それも、1週間に2度。
なかなかこんな機会はありません。

一回目は、「これまでの人生、犬がいないということが無い」
という友人と、ちらりとペットショップへ。

私、ペットショップというところへ出入りした経験は
これまでの人生で、二度だけ。
「あの時と、あの時。」と覚えているほど少ないのです。
(動物園は好きなのに、なぜだろう)

今回が、実に3度目の入店(だからちょっと緊張)。

いやーなんとまあ、カワイイ〜♪
ツッタカターと駆け回るフェレットに、
犬にインコにカメに熱帯魚!

なるほど!みんなが立ち寄る理由がようやく分かったぞ(遅い)。

そしてまた先日。
一緒にいたデザイナーの友人が、

「・・・ネコ、大丈夫?」

と尋ねてきたのです。突然。
大丈夫よ、ネコもイヌも好きだけど、なになに??
もらい手のいないカワイイ子猫がいるの、っていう話かな??

「実はね、ネコをテーマに制作するものがあるんだけど、
写真ではなくて、本物のネコを見たいのよ。・・・でね、
ネコカフェが近くにあるんだけど、一緒に行ってもらえないかな?」

ネコカフェ

そんなカフェがあるのだ、ということは知っていましたが、
自分が行ってみることになるとは夢にも思わなんだ〜!!

是非行ってみましょう♪ということになり、
静かにコーフンしながら出掛けてみると・・・

まず、店内がとてもキレイなんですね。
お客自身も入店と同時に手洗い&消毒。

さて、改めてぐるりと見てみると・・・

レジの上にネコ、棚の上にネコ、梁の上にネコ、箱の中にネコ、
カゴの中にネコ、ソファーの下にネコ、ネコネコネコネコ。ネコちゃーん♪
当然ですが、もうネコちゃんだらけなのです。

処分場から助けられたり、けがをしているところを保護されたりした
ネコたちなのだそうですが、ここでは彼らは「ネコスタッフ」と呼ばれ、
ちゃんとカフェ店員さんなのですって。

a0103434_18311797.jpg
ネコスタッフは、

寝るのもお仕事。

(ステキ♪)



平日の昼間でしたが、ひっきりなしにお客さんがやってきて、
近寄ってきたネコを撫でてはヨシヨシして笑顔・・・
ん〜みんないい顔♪

と思ったら、あれ?
私のところへは、あんまりネコスタッフさんが来ないのですが・・・なぜ?
にゃんこ先生には解るんでしょうか。
「あなた、今日突然来ることになったんでしょう」ということが!

ちょっとだけアウェイ感を感じつつも、久しぶりのネコの毛並みや
ぬくもりが嬉しい1時間。
昔、祖母の家で飼っていた白ネコに似た子がいて、
なんだかとっても懐かしい気持ちになったのでした。

自分が普段いかないところへ出掛けてみるって、楽しいものです。

a0103434_18324024.gif
三時のおやつが運ばれてくる扉の前に、
ネコスタッフさんが大集合。

寝そべって待つネコ。
足をなめながら待つネコ。

ドアノブをじっと見つめている
クロネコちゃんが印象的でした。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-23 18:36 | イラスト

「絵のことについて考える」

先日、宮沢賢治に関する展示を見に行って、
会場に置いてあった本を手に取り、久しぶりに作品を読みました。

雨ニモ負ケズ・・・は、小学校の国語の時間に
クラスのみんなで暗唱したのを覚えています・・・が、
半分以上覚えていませんでした。(あらガッカリ)

展示は、賢治ゆかりの品や作品に加え、
いろんな作家の方が参加されていて、
「私がイメージする宮沢賢治」という作品達とで
構成されていました。

中でも、「オツベルと象」の絵本の原画(荒井良二さん)を見て
思うことが色々と。

「う〜ん、やっぱり原画はステキ!」ということはもちろんですが、
今回は、なんだかちょっと思うところが違う。
自分が読んだ小学校の頃の宮沢賢治体験と重ねて感じることが多かったのです。

会場には、作品の絵本が沢山置いてあるのですけれど、
各出版社から各作品がそれぞれ出版されていて、
だから当然、絵が違う。本のサイズも字粒も紙も。

え〜!私が小さい頃に読んだ「よだかの星」は、これじゃない。
この「オツベルと象」の絵も、私の知っているオツベルと象・・ではないなあ。
同じ作品を読んでもこんなに違うものなんだ。新鮮!

そんな驚きが沢山。

小説などでは、翻訳の違いで作品の素晴らしさを知ったり、
逆に「あれ、こんな本だったかなあ」と思ったりすることが
何度かあったけれど、当然、絵本もそういう驚きがあって当然なのだ。

絵って、何だろう。
改めて考えさせられた展示でした。

a0103434_19114919.gif
宮沢賢治といえば、オノマトペ。
中学の頃、教科書にのっていた
「オツベルと象」の音読に
ひどくこだわる先生がいて、

「グララアガア、グララアガア!」

・・・って、そのうち、
「グララアガア」というのが
先生のアダ名になりかけていた。
中学生って、ムゴイなあ。

(私、「グララアガア!」・・・って、
ウガイみたい、って思うのですけど)

[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-20 19:15 | イラスト

「アイスクリームのような素敵な一日」

この新年を迎えてから、外でアイスクリーム・・・
という機会がありませんでしたが、
今日は今年初のアイスクリーム的ブログが書けそうです。

先日、友人と展示・「宮沢賢治の贈りもの」を見に行き、
そのままランチを目指して、車で糸島の海方面へ出かけることに。

我が家は車を持たずに日々を送っているため、こんな風に
「じゃあ・・・行ってみちゃう?」的に出かけることがあまりない。
スケジュール自体にコーフンしていると、
友人がさらにその気持ちを煽るように、

「おいしいソフトクリームもあるから♪」

きゃーうれしい!!

ほんの数十分走ったところで、海が見えて来ました。
ここは夕日がきれいに見えることで有名な場所で、
昼間とはいえ、その雰囲気が十分に伝わる素晴らしい眺め。

真冬の海岸は、思わずお腹にグッと力が入るほど
冷たい風が吹きすさんでいましたが・・・・


a0103434_15542762.jpg

ソフトクリ−ム越しの写真は、
・・・夏?
な〜ぜかシーズンレス。

これは、紛れもなく、
愛すべきソフトクリームの
なせる技なのでしょう。



一歩お店に入ると、中は方々の暖炉で温かな空間。
ホッと肩の力が抜けて、大きな窓越しにさっきの青い波をみつつ、
美味しいランチと楽しいおしゃべり・・・・


a0103434_1556211.jpg

そして、ソフトクリームです。

年明け一番に相応しいステキなお姿。
たっぷりと濃厚な口当たりにして、
素晴らしくさわやかなノド越し。

あ〜!!!

やっぱり私、アイスクリームが好き!!
(今年もしつこく再確認)



帰り道、友人が道沿いに発見してくれたのは、その名も「桜井神社」です。
私の旧姓&ペンネームである名のつく神社があるなんて、拝まなくては。


a0103434_15554674.jpga0103434_15561659.jpg



紋が桜の花びらだなんて、素敵な神社!
お参りをして、あまり引き慣れないおみくじを引いてみる。
開く手がかじかんで、ようやく見た結果は・・・

末吉!!

あら〜すえきちか〜
でもいいわ、吉がついてるし(前向き)。
書いてあることも、そんなに悪くはありませんでした。
フムフム・・・なるほど。
そして最後の最後に、申し訳程度に書いてある
「ささやき」という項目に、私の目は釘付けに。

〜ささやき〜 「怠惰は人間の敵である」

ふ、深いィ〜(重いィ〜)・・・・!!

桜井神社でさとされた私は、
新年の気持ちを更に新たにするのでした。

しかし、まあよく笑った一日。
笑う・・・という事自体が健康法になるらしいですが、
ケタケタとよく笑い、しかもアイスクリームを食べた私は
間違いなく健全に幸せな一日でした。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-17 16:00 | 写真

「ひとりタクシー」

もう去年の話になりますが、年末のクリスマス時期に
おたのしみクジを引く機会がありました。
その時にもらったのが、かなりステキなものだったのです。

「タクシーウォーカー」、というのがそれ。

いわゆる万歩計なのですが、ただ歩数を計算するだけではありません。
歩いた距離をタクシー料金表示してくれるという商品なのです。

はじめの2kmまでは初乗り料金なのですが、
その後歩くごとにメキメキ料金がアップしてゆき、
さらに歩く気持ちを高めることには、

高速割増しあり!
長距離割増しあり!!

高速割増しは、時速5km以上で歩くこと。
長距離割増しは、休まずに20分以上歩くこと。

いやーすごい!これを腰につけたら楽しくって沢山あるいちゃうな〜♪
・・・と思ったのですが、立ちはだかるは初乗り2kmの壁。

年明けからどうもお天気が良くなくて、というのは
立派な言い訳なのでしょうけどねえ・・・


a0103434_1541996.gif

こちら、初乗り料金は
自由に設定できるように
なっています。

福岡の小型タクシーは
初乗り550円ですよ♪
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-12 15:25 | イラスト

「真冬の空気」

部屋の暖かさが「フツウ」な気持ちになり、
玄関のドアを開けて寒さにビックリ!・・・ということが
最近多い気がします。

今日も、そう。
気温だけでなく、風の冷たいこと!
耳がキーン!!!帽子を・・帽子をかぶってくるのだったわ〜!


a0103434_18121475.gif

福岡の天気予報、
明日は雪マーク。

「年明けからね!」

と話している、
「公園で縄跳び」が
なかなか実現しません。

(雪のせいなのか!?)
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-10 18:15 | イラスト

「無駄な確認」

今週月曜日が仕事始め・・・という方が一番多かったのではないでしょうか。
あと二日、週末までが長く感じられる年明けかもしれませんね。
ああ〜あとは週末に鏡開きを終えてしまったら、
「いよいよ、ただの1月」感がみなぎってくるのでしょうね・・・

今年のお正月は比較的ゆっくりと過ごしましたが、
ゆっくりするということは、食べるスピードにも及び、
いつになく回数多くものを噛んでいました。
そして、ふと思い出す私。

「前からやってみたいと思っていたけど、馬鹿らしくてやらなかったこと」

・・・を実践する時がやってきたのです。

数の子って、プチプチの歯ごたえが美味しいですけど、
その「プチプチ」が無くなるまで噛んだことってありませんでした。

ですので、やってみた。

結果的には、お察しのとおり、
いつしか音がしなくなり、皮っぽいものが口に残りました。


a0103434_1521529.gif

ごくん。

分かっていたけど、
こうなるんだあ・・・。
静かなる感動。

数の子がちょっと
輝いて見えました。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-08 15:25 | イラスト

「カトラント王国の新年」

あー寒い寒い!

風が吹くと身を縮めてしまう毎日ですが、
あたたかいものに幸せを感じられるのは冬ならでは。
寒さもまたよし・・・とするべきなのでしょうが、なかなかどうして。

さて、以前友人達とイラスト展の際に建国した「カトラント王国」の
イラストリレーブログよりお知らせです。

1月号の担当は私だったのですが、カトラントの1月って、どんな??

寒いのだけれど、寒くない。

どの国でも、新年というのは清々しいものなのだと思います。
あああ、ちょっとは私も体を動かした方がいいなあ・・・!

a0103434_17303555.gif

カトラントブログ
http://quatrantoo.exblog.jp/
[PR]
by cherry_icecream | 2009-01-06 17:40 | news