<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「体のしくみのナゾ」

福岡にいる頃に初めて入ったスポーツジムというものに、
東京に越した今も通っています。

そもそも私の場合、これまでの人生で、
「あの頃は体を鍛えたなあ」という運動経験がないので、
なにもかもが初めてづくし。
ストレッチの種類の多さを知ることすら新鮮ですし、
マシントレーニングなんて最たるもので、
そういった新しい体験はツライながらもちょっとウキウキです。

ただ、どうも今ひとつ慣れないのはランニングマシーン。
「好き」とか「キライ」というよりもっと前の段階、
そもそもあの上で上手く走れないのです。
みんなテレビを見ながらサクサク走っていますが、
私は走ることに専念したらテレビを見る余裕なんて・・・

というわけで、よく自転車を漕ぎます。
これならテレビを観る余裕もあります。
でも、「きゃー!モモの筋肉がーッ!」とゼイゼイしながら
楽しい番組は観れない私・・・難しいものだわ。

・ ・・と思っていた矢先。
すばらしい法則を見つけました。

ある時、ベダルを漕ぎながら見たのが「世界遺産」という番組で、
アフリカで生きるライオンの群れを追うという内容でした。

「・・・また気づかれました。今日は狩りが上手くいきません。」

というようなナレーションが静かに流れて、
ライオンが獲物を追って本気で走りまくる映像が続いたのですが、
それを見ていたら・・・なんだかいつもより良く漕げる!!

逃げまどうインパラを見ていたら・・・やっぱり良く漕げる!!

何なんでしょう。
・・・これって感情移入なんでしょうか?

a0103434_13243658.gif
[PR]
by cherry_icecream | 2009-08-26 13:26 | イラスト

「藍のイベントのお知らせ」

朝晩涼しい風が吹く、いつもと違う夏ですが、
まだまだ日中は暑い毎日。

出掛けた先はどこも熱々アスファルト、
庇がないところでの信号待ちなどは
ほんの僅かな時間でも辛いもの・・・

そんな中、涼やかな風が心にスルリと入ってくる
素敵なイベントのお知らせです。

KiSENKYO collection 2009「SHIBORI」

a0103434_0173567.jpg



京都の天然素材100%の藍染め。
ご主人と奥様おふたりでされているその手仕事が
たっぷりと店内に並んでいます。
藍のグラデーションは、「夏色」というのとはまた違って
爽やかさ、涼やかさに加えて、ホッと温かさのある色。

京都に伝承され続けている「絞り」が施されたTシャツを中心に、
ストールやワンピース、クッション、座布団、バッグに手ぬぐい達が
並んでいます。
天然の素材を使って染めているので、お洗濯しても色落ちしないのですって。
すごい。私は藍染めとは、かならず色落ちするものだと思っていました。

今回、ご縁あって知り合ったご主人とお話をさせて頂いたのですが、
その深い藍の色を見ながらお話を聞くにつけ、
これまでなんとなく青系統の色を使って絵を描く機会が少ないなと
常々思っていた私、次に描く絵は、是非藍のイメージで!
・・・と思ったのでした。

皆様も、お近くにお出かけの際には是非♪
熱いアスファルトの歩道からガラス越しにお店を見つけた瞬間、
その目は井戸水を飲み干すような爽やかさをとらえること間違いなしです。

--------------------------------------------------------------------------------
京都「嬉染居(きせんきょ)」
KiSENKYO collection 2009「SHIBORI」

青山・スパイラルの一階入り口で
8/17から、来週8/26(水)まで。

時間: 11:00〜20:00まで
--------------------------------------------------------------------------------

嬉染居のサイトはコチラ
[PR]
by cherry_icecream | 2009-08-22 00:20 | news

「いきもの」

突然ですが、「いきもの」が好きです。

動物は一度も飼った経験がないので、残念ながら
「日常をともにする」という感覚はよくわかりませんが、
動物園や水族館に出掛けると、多分いつもの低血圧は標準を越え、
心拍数もバンバン跳ね上がります。

なんといったらいいでしょう・・・
「すばらしい!アナタも私も生きているんだね!」
という、あの感覚。

・・・当たり前のことなんですけれど。
でも、あまりに小さかったり、あまりに大きかったり、
あまりにせわしなかったり、あまりに動かなかったり、
あまりに美しかったり、あまりに不思議すぎたりする、
いくつもの、幾千ものいきものたちが、

「みんな一緒にこの世に生きている」

と思うと、
っはーーー!これまたおどろいちゃうな!
と唸ってしまうのです。

さて、そんないきものたちの「本物」ではないながら、
でも本物以上に楽しめそうな展示が今月2つも重なって、
今からとっても楽しみにしています。

ひとつは、熊田千佳慕氏の描く、昆虫の世界。
一昨年くらい前に、ある雑誌の記事で読んでため息が出ましたが、
何にため息が出たかって、細密な絵そのものはもちろん、
氏の、その人生。
なんと彼は、今年数えで99歳というお年にも関わらず、
毎日眼鏡なしで絵筆を持っているのです(驚愕)。
人生の大・大・大先輩のお話には、もはや、
「はーーーっ!」という言葉しか出てきません。

氏の言葉をたどると、

「絵は一生懸命描きすぎちゃだめですよ、
ホッとしたものが混じっていないと」

ということなのですが、その言葉に「なるほど・・・」
と思いつつ、分かったようで、やっぱりそれはまだまだ分からない、
と思うのでした。

インタビュー記事がサイトにも載っていました。
↓↓
昨年08年10月の「エキサイトism」


もう一つは、写真展です。
「銀座どうぶう園」という心ひかれるタイトル。
こちらは写真家の方が撮った動物の写真を、
その動物原寸大で!!・・・という、
なんともまたすばらしい展示なのです。

DMが何種類かあったのですが、私は寅年生まれということで、
こちらを貰ってきました。

a0103434_2120239.jpg


このDMの虎の目も、ほとんど原寸大らしいです。
きゃー!!!

どちらの展示も、生き物「そのもの」ではないけれど、
きっと「そのもの以上」が見られそうな気がします。
今から迷彩服のひとつも新調したくなるような(?)そんな気持ち。

先日、家に蛾が出て大騒ぎした自分を、
どこまで反省出来るようになれるか・・・私の夏の課題です。

------------------------------------------------------------
「99歳の細密画家 プチファーブル 熊田千佳慕展」
8/12(水)-24(月) 松屋銀座
9/9(水)-21(月・祝) 京都高島屋

http://www.asahi.com/kumadachikabo/
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
「銀座どうぶつ園」
7/29(水)-8/31(月)
銀座・三愛ドリームセンター
RICOH RING CUBE

http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/zoo.html
------------------------------------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2009-08-11 21:28 | その他

「イラストリレー」

日本全国、不思議なお天気続きの夏ですね。
もうすぐ西日本も梅雨明けと聞いていますが、
すっきりと晴れ渡る夏空が待ち遠しいです。

・・・なんて、暑くなったら暑くなったで
「つらい・・・」と弱音を吐きそうなんですが・・・

さて、カトラント王国のイラストリレー、
今月は私の担当でした。

http://quatrantoo.exblog.jp/


テーマは「肝試し」にしてみましたが、
みなさんは、コワイの・・・お得意ですか?
私は、学園祭のお化け屋敷すらコワイという、
なんとも恥ずかしいくらいの怖がりなのですが、
それでもやっぱり涼しく過ごしたい・・・

というわけで、
お腹を壊さない程度のアイスクリームで
凉をとりたいと思います。

皆様もよい夏を!!!
[PR]
by cherry_icecream | 2009-08-02 15:05 | news