<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「なぜか合成」

夢は白黒?
それともカラー?

今はテレビなどの映像がカラーなので
最近は白黒で見る人の方が少ない・・・
と言われているそうです。
確かに私・・・白黒の夢を一度も見たことがないかも!?

ところで最近みる夢は、
ちょっとおかしなことになっています。
実写とアニメーションが合体した夢なのです。

「名犬ジョリィ」のような、大きな白い犬(アニメ)と、実写の夫。
アニメの森でどんぐりひろいをする実写の自分、など。

夢の中では、「アニメだわ〜!非現実的な世界ね。」
という自覚があったりして。
まあ、夢だという時点でもう十分、非現実的なんですが。

でも、この「アニメ夢」、嬉しいことに
大抵とっても楽しい夢なのです。
だから寝起きもよくて、こんな夢なら毎日見たいワ♪

今日、ふと思い出して、久し振りに
映画「メリーポピンズ」を観てみることに。
アニメと実写が一緒になった素敵なシーンがあるのですが、
その部分「のみ」を観て、満足して終わりにしました。

こんなことすると、逆に夢が見れなくなるかも。


a0103434_2111130.gif

シロクマ(写真)が
窓の外を覗くところ。

手元にあったもので
作ってみたけど、

・・・あれ?

カワイくないばかりか
なんだかちょっと
コワイ仕上がりに・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-31 21:06 | イラスト

「そろそろ?」

最近、方々で「地デジカ」をよく見かけるようになり、
どんどんテレビもお安くなっているようで、さあいよいよ、

「テレビまわり計画を立てる時がやってきた?」

と思い始めた我が家です。

まだアナログ放送をみている我が家ですが、
地デジ化が迫っていることよりむしろ目下の課題は
「録画」問題です。

地デジ化までのつなぎとして数年前に導入した
HDDレコーダーの調子が、はやくも悪くなってきました。

どんな風に調子が悪いのかというと、
何も頼んでいない昼間や夜中に液晶部分が勝手に点いて、
数字やら文字やらをじゃんじゃん映すのです(こわい)。

その様子は何というか・・・
火がついたガスオーブンを小窓から覗いて見るような感じで、
我が家ではその様子を「メラメラしている」と呼んでいるのですが、
この「メラメラ」頻度が確実に上がってきてしまいました。

静かにメラメラを繰り返すレコーダーを眺めながら、
内容よりもしゃべり方に注目していた「ジャパネット」のCMを、
そして、笑って見ていたアメトーークの「家電芸人」を、
「ほほう・・・」と見入ってしまう今日この頃です。

a0103434_18234383.gif

「記憶のみ」で描いた
「地デジカ」。

・・・ああ、違う・・・

本物は、コチラ
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-29 18:26 | イラスト

「はやる、ということ」

ファッションの流行に敏感か?といわれると、
「ん〜どうでしょう。」の私。
知るを求めるものの、
実践はあまり伴わないタイプです。

でも、

「昔っぽーい」
「今っぽーい」

と、誰もが思う感覚的なものってあるなァ。
瞬間的に眼に飛び込んで来る何かが、それっぽい。

先日、へー!面白いな、
と思った記事読みました。

ファッションの変遷には、「レイヴァーの法則」というものが
あるらしいのです。
ファッション史の大家、ジェイムズ・レイヴァーという方が、
かつて1937年に提唱したものだそうですが、
この法則、なんだか妙にすごみがありました。


10年前の流行は「みっともない」
20年前の流行は「バカみたい」
30年前の流行は「面白い」
50年前の流行は「レトロ」
70年前の流行は「素敵」

そして・・・
100年前の流行は「ロマンチック」


人の眼には、そう映るのだそうです。
1937年という昔に彼が唱えた法則、記事には、

「情報化が進んで流行変遷のペースが速くなっているので、
そのスパンはもうちょっと縮んでいるだろう」

とありました(なるほど)。

最近、海外コレクションでは、
25年前くらいに流行した肩パッドが復活か!?
・ ・・という色を見せ始めたそうで、
その事実にクラッときましたが、法則からいくと
「肩パッド?・・・へえ、面白いね♪」
ということなんでしょうか。

超なで肩の私としては、そんなデフォルメファッションが
ふたたび流行っては困るのですけれど、いずれ歳月がたてば
それが「ロマンチック」になる日もやってくるんですねえ。

ファッションって、不思議だなあ。

a0103434_834367.gif
私、なで肩すぎます。
身長165cmにして
ジャケットサイズは7号。
だから座っていると
小さくみえるらしく、
立ち上がると驚かれます。

ああ、本当は颯爽と
シャツの似合う肩が欲しい・・・
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-25 08:38 | イラスト

「こども部屋展 終了しました」

福岡より帰宅して、ようやく日々が落ち着いてきました。
ああ先週の今頃、私はまだ福岡にいたのだわ。
・・・なんて、ふと考えてしまう秋の風。

私が帰った後も、展示には沢山のお客様に
お越しいただいたようでした。
お忙しい中足を運んで下さったみなさん、
本当にどうもありがとうございました!!

今回、企画展に参加させてもらって
改めての再確認は3つ。

・みんなで力を合わせて何かをやるってことは楽しいなあ。
・大変なことには、その分だけ喜びがついてくるものだなあ。
・私はやっぱり、そんなに手先が器用ではないんだなあ。

最後のひとつは、「わかっちゃいたけど、やっぱりね!」
というダメ押し確認。

細かな絵は好きでセッセと描くくせに、こまかな針仕事はニガテ。
正確に採寸して同じサイズのものをもう一つ作る、という作業がニガテ。

・・・でも今回は、そういうことを再確認してしまって
「ガッカリ」というよりむしろ、サッパリすがすがしい気持ちに。
この企画展の準備中、沢山の限界(私にとっての)に
トライ&エラーを繰り返す中で、

「こんな私だけど、でもここまでだったら出来るんだ」

という、”私のギリギリ可能な世界”を知り、
まさかここへきて前向きな気持ちになれたのです。
(ああ、わたしって何ておめでたいのかしら)
きっと落ち込むだけだと思っていたので、
これは予想外の収穫でした。

そして、だからこそ、一緒に参加した企画展メンバーの
繊細で素晴らしい愛に満ちたひと針ごとの作品に、
ほんとうにウットリため息が出たのです。

ただ見てもスゴイけど、自分が実際にやってみて
それの難しさを知ると、なおのことスゴさがよく分かる。
きっとそういうことがいろいろ世の中には溢れているのだなあ。
そんなことをしみじみと考えられた今回の企画展でした。

・・・沢山写真をとってきたのですが、
PCへの画像取り込みがうまくいかなくて・・・
(ま、またも立ちこめる故障の影!?)
ザンネンながら会場の様子はまた今度。

最後に、今回作った「王さまチロルチョコ」の画像を。


a0103434_1359963.jpg
食べ終わったら、
白いケースに
包み紙を巻き直して
マグネットに
なるんですよ。

やろうと思ったら
いろんなことが
できるのですね。

今回、ほんとうに
勉強になりました!
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-22 14:03 | 写真

「こども部屋展」

a0103434_10115436.jpg

12日から始まって本日5日目を迎えた、福岡「こども部屋展」です。

久しぶりの福岡の街、久しぶりに合う友人、久しぶりの景色。

帰ってきたわ〜!
・・・そう思えるしあわせ。
「第二の故郷」という表現をしみじみと実感、
うれしく味わっています。

さて、展示はといいますと・・・
13人でつくった作品総数は、ざっと500はあるのでは!?
壁に掛ける絵をはじめ、Tシャツ、バッグ、アクセサリー、モビール、
食器、靴、人形や紙芝居、そして絵本。

詳細はまたゆっくりとご報告させて頂きます〓

画像は、今回の展示の看板です。
センエツながら作らせて頂きました。

・・・作りました、といっても、それはアイデアメインで、
お家のカタチは福岡の友人に作ってもらい、
色を塗ってもらって、文字も切り抜いてもらって、
はたまた、それを貼ってもらって・・!

送られてきた画像をみて、
「わ〜すごぉいっ!イメージどおり〜!うれしいっ!」
と叫ぶワタシはというと、看板につくこどもパーツを持参して貼ったのみです。

いろんなものをこうして合作できたのも
今回の大きな喜びのひとつ。

あっという間に過ぎてゆく楽しい日々、
あとわずかの滞在ですが、満喫して帰ります。


展示は18(日)まで。
時間11:00〜20:00
最終日18日は、17:00まで。

大名・紺屋町通り
「エンジョイスペース大名」
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-16 10:11

「トラなお知らせ」

a0103434_1518247.jpg

10月に入ってからというものの、

「朝晩冷えるわね、毛布をだそうかしら」
「企画展が近くなってきたわっ」
「なになに、台風が来るですってーっ!?」

・・・なんて言っているうちに、
10月ももう中旬に突入しかけています。
金木犀もいい香り、ああ、秋だわ〜!
また今年もあっという間にすぎてゆくのか、
・・・と思っていた矢先、手元に届きました。

「しあわせを呼ぶ年賀状2010」

贈るあなたも、もらう相手もハッピー!
しあわせな2010年を約束する年賀状素材集

毎日コミュニケーションズ(本体888円+税)


こちらに年賀状の素材を描かせて頂いています。
個人的に自分が寅年なので、来年の年賀状は
ちょっとウキウキしながら描かせてもらいました。
(自分の干支って、なんだか嬉しくありませんか?)

この画像では伝わらないのですが、
実は、表紙からキラキラ・ラメラメしていて、
ページをめくる前からしあわせ度が高い一冊なんです。

皆さんのイラストかわいい!
とってもあたたかいものばかり。
お友達のページもいくつか見つけて嬉しい一冊でした。

えーーもう年賀状!?
という年末のせかされたような気持ちを
「ほっこり♪」に変えられたら・・・

そんな一冊、書店で手にして頂けたら嬉しいです。

(なあんて、私は一体、いつ年賀状にとりかかるのでしょう!?)
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-11 15:18

「沖縄のキャラクター達」

沖縄へ出掛けた時に、気になったキャラクター達。


a0103434_23532852.jpg
琉神マブヤー!!

どうやらコチラ、
沖縄限定のヒーロー。

ゴーヤーアタック!とか、
沖縄色満載のヒーローで
ちびっ子達に大人気
だそうです。

・・・そのマブヤーが
定期預金をすすめています。





a0103434_2353268.gif
ゆいレール
(という名のモノレール)
のホームにあった、
禁煙のお知らせ。

「禁シ〜サ〜♪」

なんて言われたら、
きっとみんな
吸わないサ〜♪





最後は、あまりの暑さに下を見て歩いてしまった時、
ふとみかけたマンホール。


a0103434_23535681.gif
マンホールというのは
地域ごとにいろんなマークや
イラストが描いてあり
とっても面白いですけれど、
那覇市街の道路にあったのは
おサカナモチーフでした。



キョロキョロすれば、もっといろんなものに
出会えたかな?

また次に行った時に、新しいものにであるのが
楽しみな沖縄です。
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-10 23:58 | 写真

「ちゃんぷるー」

まぜる=ちゃんぷるー

沖縄の言葉は、こんな内容の言葉さえ
「急がない」感じがします。

沖縄ではいろんなちゃんぷるーを食べました。

ゴーヤーチャンプルー
フーチャンプルー
ソーミンチャンプルー
チキナーチャンプルー

さて、この最後の「チキナー」というものに、
最近我が家の心はわし掴まれています。

「チキナー」とは、苦菜といって、
そのまま食べるとにが〜い葉っぱ。
でも、サラダ的に生でも食べるし、
このようなチャンプルーの具としても活躍。
チャンプルーには、塩漬けのものをサッと水洗いして、
ぎゅっと絞ってから炒めます。

適当に作っても美味しく出来そうなのが
チャンプルーの良いところなのですが、
慣れない食べ物はなかなか加減が難しくて、
「サッと水洗いして、ぎゅっと絞る」
という、たったそれだけのことなんですが、
それなりの勘が必要で、
買いそろえて帰った材料が底を尽きる頃にようやく、

「よしっ!コツを掴んだぞ♪(遅いねっ!)」

となってしまうのが残念・・・
残念ついでに、もうおなかにおさまってしまった
材料たちをご紹介。

a0103434_1712431.jpg
「おじさんはね〜、
お麩はこれがオススメ」

と店主がすすめるので、
そのとおり買ってみた。

水に放つと、
とっても早く
戻るので
びっくり。



a0103434_17132694.jpg
こちらは、沖縄で
「ポーク」と呼ばれる
缶詰たち。

なんとなく、
スパムがスタンダードと
思っていましたが、
沖縄の人は、
「チューリップでしょう」
というので、
こちらも一緒に
買ってみました。



a0103434_17141697.jpg
スパムは、いわゆる
「パッ缶」タイプなのに
比べて、
チューリップは、
コンビーフのような
ギコギコ付き。

(この名前・・・・・
一体何て言うんでしょう?)



今度沖縄に行ったら、もっとチキナーを買おう。
そう、おじさんが言っていたわ。

「チキナーはね〜冷凍もできるさ〜」

・・・わたしは沖縄の想い出も冷凍しておきたいさ〜!!!
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-09 17:19 | 写真

「たっぷり、沖縄。」

今回、沖縄で初トライしたのが
「ゆし豆腐定食」なるものです。

沖縄の地元の人々がお昼に出掛ける食堂を
教えてもらって立ち寄ったのですが、
なんだかもう、お昼前からすごいすごい人。
そして、盛られる量も、すごいすごい量なんです。

こちら、「ごはんは少なめでお願いします」
といって出てきたゆし豆腐定食。

a0103434_22265291.gif
どどどどおおおん!!!

常識的な
ご飯サイズに対して、
この器の大きさ!!

味噌味のおつゆに
入った島豆腐、
頂点に乗るは、
豚の三枚肉です。



そもそも、おつゆものなのに、
お豆腐に「頂点」ができること自体どうなんだ・・


もちろん、たべてもたべても
全然まったく、いっこうに減りません。

もうダメだ・・・
お腹いっぱいだあ・・・
となっても、まだ半分しか食べていない。

ど、どうしよう、こんなに残せない・・・
好奇心はどこへやら、ただただ必死になる私。

美味しいのですよ!!
とっても美味しいのです。
ただ・・・量、量が・・・!!

しかし、まわりをみると、
みなさん笑顔で完食しているからスゴイ!
沖縄っていろんなところがやっぱりスゴイ!!
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-08 22:28 | イラスト

「今年の沖縄・その2」

(前回からのつづき)

マリンウォークに参加する当日、
朝からいいお天気でホッと一安心。
ああ今日も海は青い。
私は、あそこへ潜るのか。

潜る予定は午後だったので、
気晴らしに(?)ホテルの横にある
海中展望塔に出掛けてみました。

岬から沖へ向かって長い長い橋が伸びていて
その先端に海中展望塔が建っているのですが、
その塔の入り口まで来て初めて、
「海中」展望塔の意味を知る私。

展望塔は、まさに海中へと階段が下へ続いていて、
作られた小窓から魚が見えるという
天然水族館のようなカラクリになっているのでした。

私、「海中」とは「沖へ出る」ことだと勘違いしていたので、
展望塔の上から沖を眺めるのだと思っていたのです。
・・・ああ、このへんがもうカナヅチの発想。
午後のことが俄然心配になってきました。

とはいえ、海中に潜れるなんて今の私にはうってつけ。
素晴らしき予行練習です。
気を取り直して、螺旋階段をグルグルと下ってゆくと・・・


a0103434_2294754.jpg
きゃーーー!

こんな魚が

びっくりするほど

ウヨウヨ泳いでいる!!




明らかに、いつもと見るポイントが違う私。
キレイ〜!という感想は皆無で、

「ここへ入る。私が!」

と、3時間後に向けて必死のイメトレ。
館内にある魚の説明ボードを読みながらも
その内容は全然頭に入ってきませんでした。

ドキドキしながら、また階段を上がって海上へ出ると、
塔の上から餌やりが出来るようになっていました。


a0103434_22102655.jpg

こちらが、
そのエサ。

アイスモナカの中には、
つぶつぶの魚のエサが
詰まっています。




棟のまわりには魚が沢山あつまって、
ナルホド、だから海中の窓からは
おびただしい数の魚が見えたのだと知りました。
私がもぐったら、「カナヅチが来たぞ見に行こう」と
魚が集まりそうでコワイ・・・

さてさて、ついにその時間が!!
最高で6名まで参加可能なツアーでしたが、
聞いてみると、今回は我々2人だけらしく、
この事実は私をホッとさせました。

が、私がホッとした分、スタッフの人をビビらせました。
事前に質問シートを渡され、もろもろ答える欄があるのですが、

「貧血を起こすことがある → (1)現在(2)過去にあった」

という欄でペンがとまる私。
人間ドックの検査注射が原因で血圧が下がり、
パタリと倒れた経験が一度や二度ではない私。
ここはひとつ申告しておいた方がいいでしょう。

(2)にマル印。

その他の欄には「カナヅチです」と記入。
スタッフの方は、常に笑顔をキープしているのですが、
用紙を読む眼が笑っている様子はなく、
黒い肌に白い歯だけが異常にキラキラと光るのでした。
そして一言、

「大丈夫!無理せずゆっくり行きましょう!」

沖へ出るとびっくり、たった二人が潜るのに対して
スタッフの数は実に4人もいました。

海中案内をしてくれる人。
私たちのヘルメットを海中で見守るダイバー。
船上では、エアコンプレッサーを操作する人。
海中へ潜る際にアシストしてくれる人。

段々笑顔が硬くなる私も、この万全態勢に一安心。
早速手袋とブーツを装着して、海中へ入ります。

a0103434_22121573.jpg

「先ずやってみるので、

見ていて下さい」




と、案内人スタッフは船の脇についた階段を降りました。
海面が胸あたりまできたら、船の上のスタッフが
頭にカバリ!とヘルメットを乗せます。

「シュー!と酸素が入る音がして、
気持ちの準備ができたらオッケーサインを出して下さい」

そして、彼はあっという間に階段を下りると
海の中へと見えなくなりました。

こ・・・これを私がやるのかと思うと緊張はMAXに。

先ずは、私から潜ることになりました。
当然、現場では無言でしたが、階段をおりるだけでも
心の中では「ひいええええええええ!!!」
そして、ヘルメットがカパリと被されます。

シュー!!!

あ、シューっていった!
あとは、あとは・・・心の準備。
ちょっと深呼吸しよう・・・
ホントはもうちょっと時間欲しいけど、
そうもいっていられないし、オッケーサイン!!

一段、また一段と下ると、徐々に目の前が海中に。
コポコポという水の音(実はこれがニガテ)。
ツーンとする耳。
緊張して口が渇いているので、飲み込むツバが一切なく、
酸っぱいイメージをしながら焦って口をつぼめていると、
海中のスタッフが、私のド緊張の顔を見て、
笑顔で口の開け閉めを促していました。
私は親鳥を見るヒヨコのように、必死に真似して口をパクパク。


つ、ついた!!!
たかだか水深5メートルくらいの海ですが、
私にとってみたら異次元・別世界!!


a0103434_22142713.jpg
こちらは、オットが
デジカメで撮った画像。

デジカメを入れる
防水ケースというのが
あるんですね!

知らなかった・・・
これは一般的な
ものなのでしょうか。




a0103434_22161429.jpg
海中では、スタッフの方が
ボードにいろいろ書いて
魚の説明などを
してくれます。

餌やりもするのですが
スゴイ勢いで
手に集まる魚は
正直ちょっと
怖かったかも!?




ず、ずいぶん楽しめているんじゃないのかな?
と、自分の順応ぶりに驚いていると、スタッフの方がボードに、

「指の先を見て」

と書いて、人差し指を出しました。
素直に、指の向いている方向(海面の方)
を見たのですが・・・

「ちがうちがう〜指の先」

と書かれ、これは「指の先端を見ていてくれ」
という意味だったようで・・・
こんな時、ホントは緊張している自分を知ります。
ボケじゃないのよ。
この時、オットはヘルメットの中で、

「ちゃうやろ〜!」

と、大声でツッこんだらしいのですが、当然聞こえず。

楽しい海中散歩もあっという間に終わり、
また一段ずつ階段を上がって船へ戻ります。

ザバーッ!!!

ヘルメットを取ってもらうと、髪の毛一本ぬれていません。
いやもう、本当に素晴らしい!!

思った以上に楽しく馴染めた気がしていましたが、
実は緊張のあまり呼吸が浅かったようでした。
船で陸へ戻った後も、海に潜った自分が信じられず、
しばしボー然・・・
深呼吸して落ち着くのに10分。
あんなに空気を送ってもらっていたのに、
もっと吸っておけば良かった。

後でオットに聞いた話では、
私が潜る前に出したオッケーサインが思いのほか遅く、
船上のスタッフはちょっと戸惑いの色をみせていたそうで、
申し訳なかったなと思いました。

今も、海中の魚たちの活きの良さ(?)が眼に浮かびます。
全然知らなかった海の世界。

この私ができたのだから、世のほとんどの人は
楽しめると思います。

マリンウォークシステム、ばんざい♪♪
[PR]
by cherry_icecream | 2009-10-01 22:35 | 写真