<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「ラクガキコウザ」

先日、寄藤文平さんの「ラクガキ講座」へ行ってきました。

著書「ラクガキ・マスター」の刊行記念として
いくつかの書店で行われているイベントだったようで、
私も書店で偶然みつけて申し込んだのです。

ずっと以前、寄藤さんの仕事の模様を
テレビの番組で見た時のことを覚えていたので、
この講座はとっても楽しみでした。

その番組では、本の装丁の打ち合わせ中、
ごく初めの段階のアイデア出し・・・で描くイラストが
ものすごく完成度が高くて速く、しっかり色までついて、
本の形になったところの絵まで描き終え、

「こ〜んなイメージですかねえー」

と、目の前の編集者に見せるのです。
取材者に、”この場でそこまで描く意味は?”と聞かれて、

「みせられた方は、イメージがわかって安心するし、
 描いている方も”分かってもらえている”と思えるので」

・・・そこで、今回の「ラクガキマスター」。
番組でみたあのシーンに通ずるものはあるのかな。
実際、とても面白い時間をすごしてきました。

「ラクガキすることで、思ってもみなかった絵がかけるという喜び」
というのがテーマで、とにかくグルグルとあてもなく描いた
ぐちゃぐちゃの線を描き、

「あ、この部分が人の横顔っぽく見えなくもない」

と思ったら、そこに人を描く。
それをつなげていくと、徐々に全体にストーリーが生まれて、
思ってもみなかった絵が完成。

実際にウォーミングアップとしてこの作業をよくされるそうで、
そういう偶発的な何かを繰り返していると、
「思ったものをちょっと描いてみる」
ことがしやすいんだそうです。

講座の中でもみんなでラクガキをしました。

以前、福岡にいる時に「らくがき」をテーマにした
イベントをしたことがありましたが、その時にも感じたものが
ふと蘇りました。

完成したみんなの絵は衝撃的なものばかり
(=わずかな線から妄想する世界のすごさ)で、
わあー座って黙ってるだけでは人って分からないものだなあ、
やはり人ってオモシロいわ、なんて・・・
絵だけでなくしみじみ人間について考える時間でもありました。

a0103434_15582578.gif


こちら、講座中に描きました。
「Google」の文字を元にした私のラクガキ。

「ポパイ、マリリンモンロー、パックマン、
僕と同じ世代のにおいがしますね!」

といわれたこちらの絵、いやほんと、
寄藤さんとはひとつ違いのわたくしです。

たった3分鉛筆を走らせるだけで・・・出ちゃうのですねえ。

ただただ描きたいもの描く。
改めてそのすごさと楽しさを再確認できた時間でした。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-26 16:02 | イラスト

「風が吹けば・・・・・?」

もうちょっと後でもいいなと思っていたのですが
我が家のレコーダーがいよいよ本腰を入ておかしくなり始め、
テレビ環境を一新する計画が急浮上しました。

これまでブラウン管テレビだったので、薄型テレビの知識は0.00。
そんな状況から検討を重ねた結果、ようやく新環境が整ったのですが、
さて、ここで改めて書きたいのは

「今のテレビってこんなにキレイに映っちゃうのね!」・・・とか、
「わー便利な機能がいっぱい!」・・・とか、
そういうことではないんです。


テレビを新調したことによる、まことに意外な副産物のお話。


携帯電話の機種変更などとは規模が違って、
「テレビまわり一新計画」は、それなりに大きなイベントです。

あたらしいテレビがくることによって、家具の配置を変更、
荷物の移動をしたら、あら〜隣の部屋もちょっと変更。
じゃあこっちのエレクターの棚板位置も変更、などなど・・・
家中、ドミノ式に変更の嵐が吹き荒れるのでした。

その、エレクターの棚板を動かした時です。

支柱にギッチギチにはまっている棚板は
硬質ゴムでできたハンマーで叩いて外すのですが、
大体・・・こんなハンマー、滅多に使いません。
久しぶりに出して使った後、さてまた仕舞おうか・・・と思った時、
ふと思い立ってオットの凝った(と思われる)肩を叩いてみた。トントン。

すると思いのほか好評だったので、
調子に乗った私は肩甲骨のヘリをトントン、
腕の付け根をトントン、背骨の両脇をトントン、
腰をトントン、もう全面的にトントントントントントン。

命名。このハンマーを「トントン」と名付けて
仕舞わずに出しておこう!

ほんのちょっとの力で重いパンチを繰り出すこのハンマー。
今回、まさかの大発見でした。

いやあ、テレビを新しくしてよかったなあ〜

a0103434_18313291.gif

この絵の意味を

分かってもらえるのは

いくつくらいの

人まででしょう・・・!?
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-21 18:33 | イラスト

「ハハハ」

病み上がり・・・とも言い切れぬ微妙な体調でしたが、
寒さの中、そんな体をおしてまで久しぶりに歯医者へ行ってきました。

実は、歯医者が心から大嫌いな私。
仮に、

「大好物のアイスクリームを一生食べられないかわりに
一生虫歯にならないとしたら、どうする?」

という打診があったとしたら、うっかり悩んで、
さらにうっかり受け入れてしまいかねないくらい
本当に本当に、苦手なんです。

その歯医者に、なぜこんなコンディションで出かけたかというと
先週から母に誘われていたから。

実は、昨年の春に東京へ越してきた時から
「歯医者へ行く機会があったら誘って欲しい」
と頼んでいたのは私の方だったので、
だからムムム!と悩みました。
だって、あれからもう1年。次のチャンスは一体いつ。

・・・行っておきたい気持ちはあるのです。
なにしろ恐ろしいことに、もう7年(!)も歯医者へ行っていないため
そろそろ一度はチェックしてもらいたい。

でーもなー風邪ひいちゃってるしなー
喉だってまだ痛いし・・・
痛い歯があるわけじゃないし・・・
それに何もこんな寒い日にわざわざ・・・

という言い訳が山ほど思い浮かびましたが、
それが電話越しに母に伝わったのか、

「でも結局、行くか行かないかはあなたの気持ち次第ってとこね」

とズバリ。さすが母。

さて、診てもらった結果ですが、虫歯はありませんでした。
小さなミラーが歯に当たる小さな音だけで背筋がヒヤリ、
あのドキドキといったらもう・・・
こんなビビリな私を良く知る先生に、

「虫歯ナシ!あーあ、つまらんなァ〜」

と言われて、なんという晴れやかな気持ち!

帰り道、雨が降ろうと寒かろうと、
喜びメーターが振り切っている(壊れている?)おかげで
重苦しい気持ちから一転、全く気にならない私なのでした。


ああ素晴らしい!
今日はなんていい一日なんだ!

もし私が今、小学生だったなら、
恐ろしく気持ちの入った感想文が書けてしまいそう・・・
そんな勢い余った病み上がりの善き日。

明日あたり、熱を出さなきゃいいのですが。

a0103434_187446.gif

偶然にも7年前に描いた
歯医者の絵。

自分で描いておいて何ですが
そもそも歯の形って、
・・・コワくありませんか?
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-16 18:25 | イラスト

「不動のおいしさ」

一体、冬なんだか春なんだかちっとも分からない日が続いていますが、
皆様はお元気でしょうか。

私は・・・思い切り風邪をひいています(コンコン!)

夜、人間の体は副交感神経に支配されて
体のバイオリズムが変わると聞きますが、
夕方になると途端に乾いた咳が増える自分を
ものすごく客観的に見てしまいます。
人間って良く出来ているのね〜感心感心・・・
もはやキツネでもここまでコンコン言わないだろうというくらい
面白いように咳がでます(コンコン!)

元気な時に仕入れた「咳・ノドに効く」といわれる
民間療法の知識は、それなりにいくつか持ち合わせているものの、
体の調子が今ひとつの時にそれらを試す気力がなく、
今いちばんの薬と思える食べ物はアイスクリームとプリン。

元気な時にも、こんな時にも美味しく食べられるだなんて、
本当になんてすばらしい食べ物なんだろうと思います。

ひと月くらい前ですが、最寄りの駅のコンコースで
見覚えのある黄色いワゴンを発見。

a0103434_1445246.jpg
あ、あれは、
・・・西通りプリン!?

福岡の街角で良く見かけていた
あのプリンではないですか。

福岡では買ったことがなかったのに
思わず足を止めるワタシ。
とっても美味しく頂きました♪
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-14 14:46 | 写真

「大型書店へ臨む際の望み。」

大きな本屋へ行くといつも思うことがあるのです。

とにかく両手を空けてサッパリとした状態で
心ゆくまで店内を練り歩きたい。

家を出た時点ですでに本屋へ行くことが決まっている場合は、
できるだけ身軽な段階で立ち寄れるように、
ルート設定を考えてしまうくらい。

本当は、本を買えば荷物が重くなるので
最後に立ち寄るのがふさわしい気もするのですが、
持ち歩く荷物の苦痛を差し引いても
身軽に見たい気持ちに軍配が上がってしまう私なのです。

店内に椅子、というのも嬉しいけれど、
大型書店にもコインロッカーやキーのついた傘立てが
あったらいいのになあ、
そうすれば心置きなく重たい本や大きな本も広げられるのに。

先日、出先で急に欲しい本を思い出し、
長い傘と大きな荷物持参、という最悪な状態で入った紀伊国屋書店で、
あらためてシミジミと思ったのでした。

そんな紀伊国屋の階段の踊り場に貼ってあった
ポスターを偶然見て申し込み。

a0103434_1545797.gif
寄藤文平さんのラクガキ講座
著書「ラクガキ・マスター」
刊行記念講座とのこと。

雨の中、大荷物で入ってよかった!
たのしみです♪
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-08 15:10 | その他

「年度はじめ」

日本に住む多くの人は、この4月が新生活スタート。
そのサイクルの常として、今年もやはり
朝の電車の混み方がひどくなっているそう(オット談)。

中には、降りたい駅で降りられなくなりそうな
新人君(らしき)が、

「・・・お、おりまあすっ!」

と叫んだりしているらしく、
私はその話を家で聞いているだけで
目の前に爽やかな風を感じています。
ああ〜春なのね〜♪

1月、年頭に誓う「今年は・・・」という思い。
そして4月、「今年度は・・・」という、
新しき(もしくは改めての)思い。
葉桜が道に陰を落とす季節になっても、
この思いを忘れずに過ごしたいものです。

ところで、私の「今年は」と「今年度は」の思い、
それは泳げるようになること。

ジムのプール用に水着を用意したのですが、
まずは、鏡の前でスイムキャップをかぶってみました。

「・・・・!」

すご〜くイケていない。
この部分だけをみて瞬時に泳げない人に見えるんですから、
愕然とするよりほかありません。
何でも表ににじみ出てしまうものなのですねえ・・・

しかしこんな鏡の中の私も、ある意味フレッシュ、と思おう。
年末には立派な「スイマー顔」になってしまう予定だから!
(自分を信じるって大事)

a0103434_16375240.gif

いってみたい、

こんな一言。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-06 16:41 | イラスト

「ちょうどエエ」

ご存知でしょうか。
芸人さんの「二丁拳銃」。

グッとくる「ちょうどエエ」ネタを
クイズ形式でクールに繰り出す二人、
私は結構好きです。

彼らのネタのようにみんなに共感してもらえる・・・
というわけではないですけれど、
何の気なしに過ごす日常の中には、
偶発的なる「ちょうどエエ」が隠れているものだなあ・・・と、
うっすら感動を覚えたことがありました。

それは、夫の使い捨てコンタクトの話。
使い捨て・・・ということは、毎日新しいレンズをつける訳で
沢山のレンズを入れておく容器が必要です。

コンタクトを着ける時=目の前がボンヤリした状態、
というわけで、そんな状態でもサッと手が伸ばせる
いぃ感じの箱はないかと家を見渡したところ、
ポストカードの整頓につかっていたものが目につきました。
よしよし、これに入れてみよう。

その容器を、お弁当箱の「ごはんとおかず」の要領で
仕切りをつけて2室にし、「右目用・左目用」と
分けて入れたのですが・・・

「ちょ・・・・ちょうどエエ!」

ONE DAY アキュビューのコンタクトレンズは一箱30個入・ひと月分。
それを片目ずつ2箱分、その容器に入れると
ピーーーッタリ収まるうれしいサイズだったのです。

a0103434_10443131.jpg


無印良品の収納ケース、一体どこまで万能なんでしょう。
我が家で大満足の「ちょうどエエ」お話でした。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-03 10:45 | イラスト

「どうしよう、こんな時。」

ポストに不在連絡票が入っていました。

自ら連絡して時間指定した、宅配便の再配達。

♪ピーンポーン

ギャー!どうしよう〜!
ちょうどその時、テレビを見て号泣中。
家には、私ひとり。

・・・出るべきか。
・・・否か。

我に返って迷ったのですが、
私は結局、でられませんでした。

a0103434_1017020.gif

佐川さん・・・

あの時は
ゴメンナサイ。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-04-01 10:18 | イラスト