<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ついつい・・・」

我が家のベランダに出ると、
向こうのマンションのベランダがチラッと見えます。

そのベランダの中に、
「すごいなあ」といつも感心してしまうお宅があって、
なにはともあれ毎日毎日、とにかく毎日、
大量の布団が干してあるのです。

どれだけ毎日かというと、雨の日以外、毎日です。
どれだけドンヨリ曇っていても、干す。
台風かと思うような突風が吹いていても、
雨さえ降っていなければ、干す。

布団干し日和からあまりにもかけ離れた状況下、
「果たして干す意味は?」と疑問に思ってしまう日も多いのですが、
きっとそれ以上の何かを求めて干しているのでしょう。

このベランダのことが、つい気になっちゃうのです。
空を見て「今日はお洗濯やめておこう・・・」と速攻諦めるような日に、
ババーン!と布団が干してあるのを見てしまうと、
私の判断は相当甘いんではないか、という気がしてしまう。

日々見られてるなんて知ったら
イヤでしょうね、メイワクでしょうね・・・
ゴメンナサイ。


・・・ところでこちら↓、通販カタログで見て
「ほほう・・・!」と思った布団ばさみ。

a0103434_22565899.gif


布団ばさみで欄干に布団を挟みつつ、
なんとその上に枕までも挟んでしまおうというすばらしき一品です。
今のが壊れたら、今度はこれが欲しいなあ!
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-31 22:59 | イラスト

「イチゴ的おしらせ & おいし楽しイベント情報」

友人が店長さんをしている、福岡・大名の「ENTRANCE CAFE」
今週末にイベントがあるそうです♪
(※詳細は本ブログの最後に)

●アコーディオンのレッスン&ライブ
●シフォンケーキ教室

アコーディオンの方は、カフェの入っているビルの屋上が会場だそうで、
それだけでもうウキウキ、たのしそう!
参加費の中には、特製ホットドック・ドリンクも含まれているそうですが、
こちらのホットドックはパンから手作りなんですって。

薬院の「ICONE」では、シフォンケーキ教室。
ENTRANCE CAFE店長・のんちゃんが先生です。

彼女は、実家のご両親が「あまおう」を作っていて、
その完熟イチゴを使って毎年ジャムを作っています。
今回、そのジャムのラベルに私のイラストを使ってもらいました。

a0103434_2010690.gif

このジャムは絶品!ですので、
お近くにいらっしゃる際は
是非是非覗いてみて下さい♪

どんな食べ方も美味しいですが、
つめたぁい牛乳を注いで混ぜた
イチゴミルクがもーーー
たまらないのですよ!




この週末のイベントから、私のポストカードも
置いてもらうことになりました。
なんだか分身が福岡に帰る気分で嬉しいです♪


■オソラデアコルデオン
--------------------------------------------------------------
昼はレッスン、夜はリンギンベルズロンドクラブのライブ!
アコーディオンづくしの一日♪
レッスン用の楽器は用意しています。

開催日 2010年5月30日(日)
時 間 ≪Lesson≫13:00 / 14:30 / 16:00 ≪Live≫19:00〜
会 場 天神パークビル屋上(大名)
参加費 ≪Lesson≫¥2,000 ≪Live≫¥2,500
   (Lesson、Live共にエントランスカフェ特製ホットドッグ+ドリンク付)
予約先 「ENTRANCE CAFE」 092-713-7933 (tel:092-713-7933)



■エントランスカフェとイコネのシフォンケーキ教室
--------------------------------------------------------------
ふわふわのシフォンケーキをつくりましょう。
焼き上がったらみんなで楽しくおしゃべりしながら試食とお茶の時間です。
先生はENTRANCE CAFE後藤紀香店長です!

開催日時 2010年6月6日(日) 14:30〜18:00
会  場  ICONE(薬院)
参 加 費  ¥1,500(材料費、授業料込み)※限定15名
予 約 先  ICONE 092-771-3282 (tel:092-771-3282)
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-26 20:14 | news

「しらない世界を覗いてみたい」

ふと、思うこと。

ありとあらゆるモノが溢れるこの世の中でも、
自分が日々取捨選択しているものなんて
本当にごくごくわずかなものだなあと思うのです。

私は興味がないから買わないけれど、
世の中的には絶対的に人気があるもの・・・というのには、
案外興味があって、だから先日、とある雑誌を購入してみました。

「Sweet」(宝島社)
こちら、30代の「ガーリィー路線女子」に
大変人気がある雑誌なんですってね♪♪♪

「もはや付録とは言えない豪華すぎる付録」をつけた雑誌の先駆けで、
完売の月も多いという、女性誌売り上げNO.1を誇る一冊なんだそうです。

その人気のヒミツは、魅力的な付録もありますが、
「好きなモノをたくさん見たい!」「つきつめたい!」
という読者欲を満たす誌面作りにあるそうで、
ファッション雑誌にありがちな「商品の説明」などがあまりなく、
いわゆる「読みものページ」もないんだとか。
なんだかそういう話を聞いたら、
「一度その世界を覗いてみたい」という気に
なってしまったのです。

書店で探したら、わあ〜表紙が浜崎あゆみ!
ここからしてもう新鮮。
ファッション雑誌ですから、洋服の紹介がメインですが、
ちょっと・・・びっくりしました。

興味がない・・・とはいえ、何だかんだいって、
「これなら私も♪」というものが見つかるかと思いきや、
本当に・・・一つもなかったのです!
そんな事実が判明してちょっと動揺こそすれ、
全ページがどれも新鮮で楽しい♪

さて、この付録のトートバッグ(!)をどうしたらよいべきか、
今まだちょっと考え中です。

a0103434_1938523.gif
この新鮮な気持ちを味わうべく、
もう一冊、覗いてみたい雑誌が
あるのですが・・・

それは、Zipper
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-24 19:45 | イラスト

「newcomer」

ある日、出張から帰った夫が
かばんからANAの機内誌を出しました。

テーマが面白かったり、私が好きそうな記事が載っていると
たまに持って帰ってきてくれるのですが、
さて今回はどんな内容なのでしょうか。

ペラペラ。
パラパラ。

どの記事もつい真剣に読み入っていましたが、
次のページをめくった瞬間、


かーーーーーッ!なんだこれは!
かわいいなッ!!


思うツボの私、その可愛さにのけぞった後、
勢い余って破かぬよう注意しながら、入念にそのページを切り離しました。
よーし、これを家のどこかに貼ろう!

何かフレームに入れてみようか?
いや、ちがう。そういうんじゃない。

スキャンしてモノクロにしてみようかな?
ちがうちがう、そういうんでもない。

こ・・・このまま貼ろう!

さて、これを家中いろいろなところに貼ってみたのですが、
どうもいまいち似合う場所がないのです。
なぜだろう、考えてハッとしました。

そうか。

この可愛さは至近距離で味わうものなんだ。
そう気づいた結果、一番しっくりきた場所は
トイレのドアでした。

a0103434_8102087.jpg
これで毎日何度も、
そのつぶらな瞳を、
柔らかな毛並みを、
ハミハミするアゴを、
頼り無さげな肩を、
じっくり見ることができます。

「やぎべえ」と命名。
どうぞよろしく。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-18 08:12 | 写真

「ムダな心配」

そんなことは気にしなくてもいいんだ、と分かっていても
「もしそうなったら・・・」とムダに考えてしまうことの筆頭は、
ヨネスケが突然「となりの晩ご飯です」と訪ねてきたらどうしよう、
ということ。

先日、珍しく昼間にテレビをつけていたところ、
今もまだヨネスケ氏が現役で晩ご飯を襲撃しているという事実を知り、
心の底から驚いたのです。
もう「懐かしのコーナー」になって久しいと勝手に思っていたので・・・!

ところで「となりの晩ご飯」。
改めて見ると、これってつくづくすごいこと。

玄関先でお母さんが「入ってこないで〜ッ!」と
懇願しようがお構いなしにズンズン侵入、
お父さんがお風呂へ入っていると知れば、
泡だらけのキョトン顔までしっかりカメラにおさめられ、
あげくの果てにお鍋から直接、タケノコの煮たのなんかを
パクパク食べられてしまう。

テレビを見ている分にはいいけれど、
「当事者だったら!」と考えるとコワイです。
たしかに人気の長寿コーナーかもしれないけれど、
それって完全に「どうせウチにはこないから」を前提にした人気。
ああ、みんな強気。

見ていると、このとんでもない訪問に、どの人も笑顔で応えていて
みんな凄い!心が広いわ!と思っていたけれど、
家に来たら・・・私も「思わず笑う」状況なのでしょうか。

a0103434_92929.gif

ああ・・・
また余計な心配を。

大丈夫、
ウチには
来ないんだから。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-11 09:32 | イラスト

「カキツバタズビョウブ」

かきつばたずびょうぶ。

・・・と、スラリと言うことはできるけれど。
「じゃあそれを漢字で書いてみてちょうだい」
と言われると突如オドオドしてしまう、
その「燕子花図屏風」を見てきました。

青山の根津美術館で、庭園の燕子花が咲く時期に合わせて
ただいま公開中(5/23まで)。

福岡の友人が東京へ来ていたので「では是非一緒に♪」と出かけたのですが
庭園の燕子花はちょうど満開。
なんといい時期にでかけたのでしょう、すばらしい!(Tさんありがとう!)

a0103434_20485643.jpg


間近で見た尾形光琳の燕子花図屏風は、
想像していたよりも花の描き込みが非常に少なかったのが印象的で、
屏風となった景色そのものを楽しむべく、絶妙なフラット感がありました。
遠くで眺めず思わずグイグイ近くに寄って見入ってしまう。

晴天の日射しも相まって、庭園にたっぷりの緑はどれもキラキラ。
風が吹くとサワサワーンと葉を揺らして、さらにキラキラ。
照明の落とされた展示室ではなくて
明るい春の日射しと風が通る部屋で見たら
あの絵は一体、どんな風にみえるのだろうなあ。

場所を変えてランチの時間、
日射しのたっぷり入るレストランで
冷たいスパークリングワインを。
私たちの目はキラキラ。いやあ、幸せ!

久しぶりの友人とのおしゃべりをたっぷり楽しんで
フルチャージした一日でした。



3年半休館して改築され、去年再オープンした根津美術館。
隈研吾さんの設計です。

日本家屋的な温かみと、心地よいひんやり感を感じる美術館でした。
庭園内はしっかりとした起伏があって、とても青山とは思えない趣き。
(アルファ波あ〜〜)
庭園から見上げるように臨む建物もまた素敵です。

隈研吾さんは新歌舞伎座も手掛けられるとのこと、どんな風になるのでしょう。
先日の歌舞伎座閉場式をテレビで観て「ああ遂に」と思たけれど、
どう生まれ変わるのか楽しみです。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-07 20:54 | 写真

「電車に乗って」

ちょっと前に、大宮の「鉄道博物館」へ行ってきました。

別に鉄道マニアでも何でもないのですが、
オープンした07年当初に「タモリ倶楽部」でつぶさに紹介された
博物館の全容を見て、

「なんて良く出来た博物館なんだ!」

と思い、いつか行ってみたかったから。

博物館へは、大宮からニューシャトルという、
タイヤで走る(でもこわいくらいに相当速い)電車に乗って
一つ目の駅から直結していました。
降りてすぐ、博物館へと向かう通路をあるくと
もうそこからスゴイのです。

a0103434_0301413.jpg
通路に敷かれた
タイルの形を利用して、
なんと!
時刻表を再現してあったり!

キャーすごい〜!!!
これはなかなか
テンションが上がります。



a0103434_030518.jpg
入場もご覧の通り、
ほとんど改札。

SuicaやPASUMOで
「ピッ!」と乗車気分。

入場日は出入り自由なので
出る時も改札をピッとして
帰ります。
本当に電車みたい。



a0103434_0324576.jpg


鉄道マニアの人でなくとも、この景色には圧倒されちゃうはずです。
ずっと眺めている人と、とにかくカメラを構え続ける人と。
電車じゃなく、まわりの人を見るのもまた楽し。

実際に中まで入って座席に座れる列車も沢山ありました。
古い古い、車内が全部木で出来た列車などは
当然シートにはクッション性などなく、素材は木そのもの。
でも腰のカーブに合わせて丁寧に作られている座席は
「お心遣いありがとう」という優しさに溢れているのでした。

a0103434_035554.jpg
昔の新幹線も。
車内販売の初期、
ワゴンに入っていたモノたち。

お茶はポット入り。
みかんにキャラメル、
都こんぶ!!!

いまでも十分惹かれます。


a0103434_0361737.jpg
お昼はもちろん駅弁でしょう。

駅のホームにあるような
駅弁を売るスタンドがあって、
その横にはズラリと有名列車が
並んでいるんです。
私たちは迷ったあげく、
特急あずさで食べました。
(車内には4機ものエアコン付き!)



a0103434_0381589.jpg

お土産に買って帰った手ぬぐいは
なんだか可愛さにまけて
まだ水通しもしていません。

これを眺めていると、
電車に乗って違う博物館へも
出かけたくなりました。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-05-06 00:43 | 写真