<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「福岡DAYS」

先日、急遽、福岡へプチ旅をしてきました。
(夫の出張についてゆくいつものパターン)

5年住んだ福岡は、旅というよりもはや「帰郷」という気分。

実際、着いてすぐに乗った地下鉄は
手元にあったプリペイドカードを使いましたし、
ちょっと時間が空いたすきに美容院で髪まで切ってしまったり!

さらに、住んでいた時に沢山買ってしまった岩盤浴の回数券を使うべく、
夫とふたり滝汗をかいた後は、これまたしょっちゅう出かけていた
おそば屋さんへ久しぶりに行ってみました。

せっかく久しぶりだから、と珍しいお酒を沢山出してもらって
ううむこれまた美味しいッ・・・なんて飲んでいると・・・

・・・あれ?
私は今、一体どこに住んでいるんだっけ?
ちょっと不思議な気分に。

そしてさらに今回は、“経県値を上げる旅”にもなったのでした。

友人が出してくれた車でルンルンドライブの先は山口県。
新幹線や車では何度も通っていたけれど、
実際降り立ったことが無かったのです。

関門海峡で船の往来をみながら海と橋を眺め、
さあ海をわたればそこは山口県です。
行く先は唐戸市場!
行ってみたかったんです、ずっと。

出かけた日は平日だったこともあって
人の出は少なかったようですが、
それでも十分雰囲気をかいま見る事が出来ました。

a0103434_8495642.jpg

美味しいお寿司を食べ、
ふくの唐揚げも食べ、
海を眺めて大〜満足♪

(海岸に佇む巨大フグオブジェ)



a0103434_8504573.jpg

そしてこちらは
門司のレトロな街並み。



すぐ近くに「カニカキ街道」というのがあって
英表記はそのままズバリ「crab&oyster St.」でした。
なんだかこちらの方がダイレクトに美味しそうな感じがするのは
・・・私の気のせいでしょうか。
いずれにしても、海の幸に恵まれた
素晴らしい土地ということですね。



そして、帰りがけに寄った響灘。
なんでも素晴らしくカッコイイ風車が
ずらっと沢山並んでいるとのこと・・・

ほんとだあ!・・・か、カッコイイ!!!
(画像:Aちゃん撮影)

a0103434_8524461.jpg


こちら、先月プレOPENしたという響灘ビオトープの一部です。

元々は産業廃棄物の埋め立て地だったのが20年を経て、
鳥が運んで来たと思われる絶滅危惧種の植物や昆虫が繁殖し、
今や琵琶湖を超えるビオトープと化しているのだそうです。
来春の本格的OPENに向けて 只今整備中。
(こちらの情報はTさんより♪)

終始テンションの高い旅、
あっという間の3日間。

帰宅してからすぐに、テレビ東京の「空から日本を見てみよう」で、
ドライブしてきた北九州工業地帯が取り上げられていました。
お茶を飲みつつ観たら、旅の総仕上げをした気持ちになって・・・
次の「帰郷」が今から楽しみです。
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-23 08:59 | 写真

「二度目。」

福岡に居たときに、宝塚マスターの友人に連れて行ってもらい
一度だけ観劇にでかけた宝塚公演

その時、彼女から聞いていたことには

「チャンスあれば、東京の宝塚劇場で是非!
なにしろやっぱり、生オケは素晴らしいので♪」

その言葉がずっと心に残っていたのですが、
今回その機会を得て出かけてまいりました。

劇場にかかっていた緞帳は資生堂の澁谷克彦氏によるデザインで、
「新しい時代の唐草」を表現したものだとか。
おお!氏のデザインといえばこの緞帳のことを良く聞いていたけれど、
これがあの緞帳なのですね。
踊るような曲線の中をよく見ると、
FLOWER、MOON、SNOW、COSMO、STAR…と、
組名が隠れているのです。素敵!

演目は「スカーレットピンパーネル」。

フランス革命時代、イギリス貴族の英雄のお話で、
前回見たのは「ベルサイユのばら」でしたから
舞台はまさに同時期・・・
なんだか「続きの別の話」を見ている感じで
またちがったウキウキ感で席につきました。

一緒にでかけたのは母だったのですが、
ズバリ母は宝塚初体験。

最後の大階段を降りてくるトップの羽の大きさや
オールキャスト揃った時のあまりの華やかさに、

「きゃあーお母さん、どうしようッ!」

と満面の笑みを浮かべてつぶやいていました。

a0103434_23335544.jpg

わ、わかる!その気持ち!!!

・・・・・何でしょう、
このお腹の底からこみ上げる
説明のつかない笑いは・・・

オホホホホホホホホ!!!!!!
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-16 23:35 | 写真

「great!」

ずっと以前、旅先でフェリーに乗った時、
座席の目の前にあったテレビで流れていた番組に
釘付けになったことがありました。

その番組「毎日がイタリアン」は、どうやら今もNHKで放送中らしく
先日ふとテレビをつけたらやっていたのですが、
やはり思わず釘付けに!

ある女性イタリア人(アメリカ人?)料理研究家が番組全ての進行を
担っているのですが、当然ながら日本のそれとは全く趣が違って
興味深すぎるのです。

●違いその1・・・「材料が大量」
日本の料理番組のレシピ、最近では2人前が多いらしいですが、
この番組ではすごーく大量に作る。
それがなんだか見ていて気持ちがよい。

●違いその2「ライブ感」
固定カメラではないので、突然包丁(手元でなく、包丁!)に寄ってみたり、
フライパンが「ジューッ!」というところだけを長時間クローズアップしてみたり。
なんだか面白い。

●違いその3・・・「自分の料理をほめる」
日本の料理番組と決定的に違うところはココだと思うのですが、
番組中、味付けをして「しっかり味見」までする。
そしてググッと目を見開いて、
「美味しい!間違いない!やっぱり私天才かも!」とほめちゃう。
日本人ではグッチ裕三もそんなことを言うかもしれないけれど、
彼のコメントとは根本的に”空気”が違う。

放送時間を調べて見るほどではないけれど、
たまにふとテレビをつけた時にやっていると
嬉しくなって見てしまう番組です。

ところで・・・日本人以外の世界の人々は、
「照れることなく自画自賛」・・・というのは普通のことなのかしら。

この番組をみて、ちょっとやってみたんです。
家に一人でいるときに自分の絵を前に、
「いやー、すごくいいねッ!」
と口に出してみたんですが、

“我を鼓舞する私”

になってしまいました。

・・・うーむ、文化!!

a0103434_17133477.gif
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-07 17:19 | イラスト

「赤コン!」

先日、ひさしぶりの友人と駅で待ち合わせ。

友人と、彼女のちいさな娘さんと3人で会ったのですが、
待ち合わせ場所で後ろから声をかけられた第一声は

「きゃあー!」

なんだなんだ、どうしたどうした、
でもその前に、わあひさしぶりひさしぶり!!
それで・・・どうしたの????

彼女が指摘することには、
なんと3人とも足元がコンバースのスニーカーだったのです。
娘さん・私が赤いコンバース。
彼女は白いコンバース。

でも、なんだか彼女のコーフン度が、ちょっとそれだけじゃないような。
よくよく聞いてみると、彼女も玄関で赤いコンバースを履いたのだとか。

でも「”ズバリお揃いというのもなんだな”と思って」白に履き替えた、と。
なるほど、それは惜しい!

この「コンバーススタート」で早くもあたたまったエンジンで、
想定通りアクセル全開の楽しい一日でした。

・・・次回会う時は、「赤いコンバースの会」!?

a0103434_20185324.gif
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-04 20:24 | イラスト

「ネゾウメーター」

私の「肩こりひどい度バロメーター」は、
ずばり寝相。

ものすごく肩が凝っている時は、
必ず「バンザイ」して寝ているのです。

確かに、肩まわりの筋肉が緩んでラクな体勢。
しかし、腕が冷え冷えして目覚めてしまう。

つい先日などは、その「バンザイ」ポーズを超越し、
目覚めたら新たなポーズを開発していました。

a0103434_11242881.gif

・・・頭を包む系。

なんなんでしょう、
なんなんでしょうこれは!

(・・・肩こりの最上級!?)
[PR]
by cherry_icecream | 2010-06-02 11:25 | イラスト