<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「アタタタタ」

ここひと月ほど、ひどい咳の風邪をひいていました。
こんなに苦しい咳をし続けたのは人生初かも。

ようやくその咳も減ってきた最近。あれ?
脇腹が痛い・・・!いたたたた!
これって筋肉痛?

数日経って気づいた私。あれ?
痛いところがかなりピンポイント。
「ココ!」って限定できちゃう。

さて翌日、不安な気持ちを抱えて出向いた病院での診断は、
「咳のしすぎによる肋骨疲労骨折」。
おどろきの結果だったのであります。

レントゲンも撮りましたが、トントンと叩く触診の段階で、
先生はすっかり分かっているふうでした。

先生:「トントン」 
私: 「大丈夫です」
先生:「トントン」
私: 「・・・!」
先生:「うんうん・・・痛かったね」

という同情に満ちた先生の顔には、もう
「多分ロッコツ。」と書いてあった。

気管支的には薬のいらない状態まで復活しつつ、
肋骨のために咳止めの薬がでるという笑えない状態に
切ない気持ちがスーンと広がる病院からの帰り道。

ええい!・・・なーんのなんの、これくらい!
こんなちっぽけな痛み、がんばるぞうっ!!

しかし咳・・・あなどれません。
先日、twitterでつぶやいたら、何人かの方から
「咳でロッコツ」を経験していると知りました。
みなさまも咳き込む時はどうぞお気をつけて!

a0103434_18322844.jpg


-----end---------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-30 18:36 | イラスト

「イラストのご紹介」

こんな時だからこそ「元気な人は元気で」をまっとうすべく、
日々を過ごしています。

そろそろブログも再開、と思っていたところ、
お仕事させて頂いた本が届きました。

a0103434_9585378.jpg


ネットショップだからできる
私だけのこだわりのお店。



田中正志著  毎日コミュニケーションズ(¥1,400+ 税)

実際に深い想いを持ってネットショップを運営されている
オーナーさん10名にインタビューしながら
経営に必要なことをやさしく教えてくれる本。
最後の章が「開業ノウハウ」です。

イラストを担当したのはコチラの章なのですが、
この部分だけ紙が違って、これ、ポッポ紙・・・
というのでしょうか(違うかな)、
クラフト紙の片面がツルッとしている
気取らない雰囲気の紙にグリーンのインク。
こんな風にプリントされて新鮮。うれしいなァ♪

a0103434_10108.jpg


本日3/25より順次、店頭やネット書店へ並ぶそうです。
よろしければ是非お手に取ってご覧下さいね。


-------end-------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-25 10:10 | お仕事紹介

【ご報告】

テレビや新聞、ネットで流れる映像・画像を見ていると
胸が苦しくて苦しくて苦しくてたまりません。

被災地でなく東京にいる私などにも
沢山の方よりご心配頂きありがとうございました。
他にもご心配をお掛けしている方がいらしてはいけない
と思い、ブログでも当方のご報告をさせて頂きます。

地震発生当時、私は自宅におりましたが、
夫は時間をかけてなんとか夜に帰宅しました。
テレビで見る通り、帰宅難民の知人友人も多く、
会社や避難所で一夜を過ごしたという方も多かったようです。

昨日、久しぶりに避難袋の中身を確認しました。
カロリーメイトなどは、年末で賞味期限が切れていました。
必要そうなものを再び買い直し、
ご飯を炊いて冷凍ストックしました。

何かあった時、サッとはけるように
玄関にはいつもサンダルを揃えてから寝ていますが、
スニーカーも用意しました。

昨日、帰宅途中の街ではコンビニなどで
携帯充電がまず売り切れたそうです。
夫も途中で充電がなくなりそうで、
本人も、家で待つ私もすごく不安でした。

twitterでは、テレビのような情報自体もそうですが、
非常時のとても有用な知恵を教えてくれる方がいたり、
お医者さまが手を挙げて質問を受け付けてくれていたり・・・
こんな時だから、みなさん情報元を明記してくれたり、
良心的だと思いました。
一部、やはりガセもあるようですが・・・

東京の揺れでも、部屋にあるいろいろな物が落ちました。
落ちて破損、キケン・・・ということはないものも、
家のどこかで見えない何かが落ち、音がすること自体
恐怖感が増しました。
色んな意味で部屋の中を再び見直さなくては、と思いました。

実家の両親と電話が繋がらず、
ようやく声が聞けたのは昨夜遅くになってからでした。
災害ダイヤル171を利用して、こちらのことは録音しましたが
聞いてもらえるかどうかは相手次第。
以前・・・ずっと昔ですが話し合った事はあったのです。
緊急時の連携方法を、いま一度確認しあうのも
今回の課題だと思いました。

思ったことを書き綴りましたが、
どちらにいる皆様も、備えるに越した事はありません。
どうぞどうぞ、ご家族でお話下さいね。

一日中つけているテレビに映る映像、また日が落ちてきました。
どんなに不安な夜だろう。
多くの方が助かりますように。
もうこれ以上の被害が広がらない事を祈って・・・

-----end-----------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-12 17:50 | その他

「ブログでイラストサイトってどうなんでしょう。」

4年ほど前に作ったイラストサイトを作り直しています。

「思うところあってリニューアル!」というよりは、
どちらかというと背中を押される理由の多さが原因。

「マシンが変わったら、いまひとつ上手く更新できない」
「次にOSが変わったら、そもそもこのソフトは使えない」

という、なんとも切ない理由たち。
とは言え、見直すにはとても良い時期だったので
前向きに考えてみることにしました。

そこで、早速悩んだワタシです。

そもそも「アナログ人間」というカテゴリーにいる私、
今あるサイトを作るのはとても大変だったのです。

こんなにも大変な思いをして作ったのに、
出来たページがこんな程度だなんて、がーん・・・!
という、あのトホホ感溢れる憤りといったら。

またあのサイトを作り直すだなんて、極めて荷が重い。
どれくらい荷が重いのかと言われれば、
たまに観るビックリ人間が登場する番組で
口にくわえたロープでトラックを引っ張る脅威のおじさんが
登場しますけれど、あんな感じの荷の重さ。

というわけで、新しいサイトをブログで作ろうと試みています。

何より更新が簡単なのが嬉しいですし、
私にとって最大の魅力は、何かヘンなところを触ってしまって
急に動かなくなってしまった!どうしよう!
という心配がないこと。これは助かります。
一方で、ブログだと見せ方が難しいなあ・・・という悩みも。

「イラストを見て頂く」という基本機能を求め、
なんとかならないものかと模索中です。
近くみなさまにご紹介できますように!


a0103434_18101782.gif
もうほとんど、
自分を鼓舞するための
ブログでした。

・・・ちなみに
こちらのウサギは
今後も残す予定。





----------end---------------------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-08 18:15 | イラスト

「ハッとする」

久しぶりも久しぶり、小学生以来の久しぶりで、
「モモ」を読んでいます。

当時、ひっそりと妄想フワフワの世界が好きだったので
このお話とっても好きでした。

好きだったから何度も読んだし、
だからあらすじは覚えているのですが、
今改めて読んでみて、衝撃。
な、何て大人な内容なんだ・・・!

そういう本は案外多いように思う。

子どもの時に沢山本を読んだ方がいいと良く言われるけど、
その理由のひとつって・・・実は、
「大人になって再び手にした時の驚愕を味わうため」
というのが確実にあるんじゃないかしらん。

特に教訓めかなくても、その驚きを体験すること自体が
大人のおたのしみ・・・というか何というか・・・
こればかりは、小さな頃の自分が読んでいないと
決して味わえないものだから。

それだけに、10年20年と時を経ても、
大人になっても絶版にならずに、
そのままのカタチで残っていて欲しいなあ。
これからは電子書籍!と息巻く世の中ですが、
改めてそんなことを思う。やっぱりアナログ!

a0103434_17532795.jpg
「モモ」

時間どろぼうと、
ぬすまれた時間を
人間にとりかえしてくれた
女の子のふしぎな話

ミヒャエル・エンデ 作
大島かおり 訳

装丁も昔そのまま、
岩波書店から
今も出ているみたい。

1973年に書かれたこのお話、
私のコチラの本は、
1986年 第24刷。
・・・じゃあ、今は?
結構気になります。




-----end--------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-03-03 17:59 | 写真