<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「さわやかな味」

毎日毎日毎日毎日、
いやはや、なんという暑さでしょう。

ちょっとベランダに出ただけでクラッと・・・

冷え冷えタオルで首筋を冷やしながら、
今回はドレッシングのお話です。

a0103434_19118100.jpg


以前、福岡で「こどもカフェ」というイベントに参加した時に
偶然知り合う機会を得て、それ以来のお付き合い、
福岡の料理研究家・幾田淳子さんのドレッシングです。
ラベルのイラスト・デザインをさせて頂きました。

これ!ものすごおおおく、美味しいんです!

ドレッシングを食べたときの美味しさの衝撃といえば、
東京の方は経験も多いと思われる、
キャンティのドレッシングがありますが、
それをサラリと越える衝撃。

まず、美味しさだけでなく、そのドレッシングが生まれるまでの
ストーリーに、幾田さんの気持ちがたっぷり入っています。

そもそもドレッシングが冷蔵庫で長持ちするのが
あたりまえだなんていうこと自体が頂けない。

新鮮な野菜を美味しく食べる為に掛けるドレッシングが
油ばかりでベタベタだなんて・・・

野菜を食べるために、野菜をたっぷりつかった
野菜そのものみたいなドレッシングを!
だから賞味期限だって短めよ。
でもその分美味しいのよ。
油もあんまり使いません。

愛情たっぷりのそのお味、
いつかきっと多くの方のお口に入る日も
近いと思います。

私も食べたい時に気軽に買えるようになったら嬉しいなァ。
幾田センセイ、そんな日を楽しみにしていますね♪

-----end-----------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-08-17 19:01 | イラスト

「ペイズリーとわたし」

突然ですが、私は「模様を見るの好きだ」・・・と思っています。

洋裁が得意だ!というわけでもないのに、
生地屋さんをブラブラすることが楽しいのは、
そ、そうか・・・柄が見たかったからなのか・・・!
と気づいたのは最近のこと。

そんな私にも、いまひとつピンとこない(?)模様があります。
それは、ペイズリー柄。

何故なんだろう。
ずっとよくわからなかったのですが、
これも最近、理由に気づいたのです。

ある日、友人と話をしていた中で、

「小さい頃って、親に怒られた時、
押し入れに入れられちゃう・・・なんてあったよねえ〜
なんだか今となっては懐かしいなあ♪」

という思い出話になって、ふと蘇ってきたのです。
そうそう、おねえちゃんとケンカしては怒られた〜。
そして押し入れに入ったわ〜。
暗くて狭くて嫌だった〜。

・・・・!!

そうだ。そうだった。
押し入れに入れられると、
身を置いた窮屈な空間のその隣に、
布が掛けられた布団(シーズンオフの?)があったのでした。

その布の柄というのが、ペイズリー柄だったのです。

紺色の地に白く染め抜かれたペイズリー柄は、
ふすまの隙間からうっすらと入ってくる光に照らされて
暗闇にくっきり浮かび上がって見えたのでした。

押し入れの中、唯一見えるその柄をただただ見つめ、
ただただ反省する。

その時の切ない気持ちとペイズリー柄が、
私の心の中で今もシンクロしているのでは!?

a0103434_9315722.jpg


あの布はまだ
健在なのかなあ。


次、実家にいく機会に
是非とも確かめてみようと
思います。



--------------end-------------------------
[PR]
by cherry_icecream | 2011-08-07 09:33 | イラスト